Performer F-FWD 2018前期仕様に向けて準備

2017シーズン中の問題を春の雪解けに向けて解決していきます。

  • 季節や天候によっては手先足先が冷える
  • チェーンが伸びで寿命
  • シフトが絶望的に重い
  • 純正ホイールの玉押しが虫食いでほぼ全滅している。

他にも問題がないわけではありませんが、予算の範囲内で優先順位を付けて以上を対策することにしました。

 

まず手先足先が冷える件。リカンベントはハンドルを握る手に自転車特有の負担がありませんから、手の冷えに関しては適当な手袋でも使っておけばよいこととします。問題は足先です。そこでこれをポチりました。4月初旬の冷える時期を乗り切れるかどうか、検証の機会があれば記事にします。

 

次はチェーンの伸び。純正ではよくわからない謎のチェーンが付いてましたが、変速も問題ないし錆びたりもしない特に問題のないものです。しかしよくわからない謎のチェーンなので他の錆びにくいチェーンを使います。リンクに点付けで注油して外側についてはノーケアで運用しているのでチェーンそのものの錆びにくさは重要なのです。そこでこれ。普通のアルテグレードの10sチェーンですね。タルタルーガTypeFでも使ってますが錆びなくて良いです。家に1本在庫があったのでもう1本だけポチ。(足りるよね?)

 

シフトが重い件。これはハンドル周りのワイヤーのキツい曲げが原因という仮説で、

これでワイヤーを張り直してみようと思います。これでだめなら電動ですかねー

 

最後ホイールです。本当は玉押しだけ入手交換できれば良かったのですが、購入店に問い合わせたところ玉押し単体での販売はなくハブでの販売になるとのこと。ハブの価格もそれなりですし、特に回転が良いものでもないので他のハブを検討したのですが24Hのハブとなると選択肢が少なく、ハブ交換で組み換えとなると作業工賃もあるので、それならいっそ追加で1本組んで交換してしまえ、と。

市内のお店にお願いして組んでもらったのがこれ。

  • ハブはHB-CX75/FH-CX75。小径車はハブの回転が命ですから、スポークが多くなり過ぎずそこそこのグレードのものということで選定しました。
  • リムはAlexRimsのR390 28H。なんか周囲での評判が良く小径ホイールでは鉄板っぽいのでこれに決定。
  • スポークは15プレーンということ以外は厳密に指定しませんでしたがホシのスターブライトっぽいです。以前に使ったことがあるスポークなので期待値は高いです。純正ホイールは縦の剛性過多で荒れた路面で跳ねて進まない傾向があったので、スポークが24Hから28Hに増えることもあり細目を選択。
  • 組み方は6本組。4本組が主流らしいですが路面追従性の向上を期待して6本組を選択。

狙い通りのホイールとなっているか…シーズンインが楽しみです。

SendGridでSMTP経由でテキストメールを送信すると文字化けする

PostfixからSendGridにリレーして発射したメールがこんな感じで文字化けして届きました。それでBingって辿り着いたのがこれ

よくある質問 – メール改行トラブル編

リンク先のタイトルでは改行トラブルとなっていますが、この事象にも有効でした。以下機能がデフォルトで有効であるためにHTML変換機能も内部的に有効となっているのが原因とのことです。以下機能を無効に切り替えることで解決しました。

  • Open Tracking
  • Click Tracking

メールの到達性を上げる目的でSendGridにリレーするケースであればこれらの機能は不要な筈ですから最初から無効にしておく方がいいですね。

このブログのサーバーを引っ越した

このブログはさくらのVPSにWordPressを設置しているものですが、年末にV3 1GプランからV4 1G SSDプランに乗り換えました。

動機、目的はこんな感じ。

  • 以前はsambaを設置してWindowsマシンからSSH経由で利用していたが、Windows側でトリッキーな設定が必要で安定しないため現在は使用していない。そのため、旧プランの100GBのストレージは必要なくなっている。SSD化によってパフォーマンスの向上が期待できる。
  • Let’s Encryptを利用してHTTPS対応にする流れに乗りたいが旧サーバーのUbuntu 14.04 LTSではaptでletsencryptが入らない。16.04 LTSならaptで入るのでこの機会に16.04 LTSに上げたい。
  • Ubuntuを14.04から16.04に上げるとPHPが5系から7系に上がるのでパフォーマンスの向上が期待できる。
  • OneNoteで構築手順や設定内容を書いてサーバーの構成を管理していたが、構成管理ツールを導入して効率化したい。

そこでまずは色々選んでいきます。

  • サーバーはさくらのVPS 1G SSDプラン。そもそもの動機なので。
  • 構成管理ツールはansibleを採用。特に他と比較検討したわけではなく、以前に少し触ったことがあるので学習コストの節約を期待しました。playbookの作成、実行はWSL上で行うことにしました。
  • 移行時のダウンタイムを最小化するために事前にサーバーの設定を煮詰めておく必要があります。また、今後サーバーの構成を変更する際の事前検証用の環境があると便利です。これには以前からAzureのサービスは利用していたこと、起動時にのみ課金されるので費用を抑えられることからAzureのVMを採用しました。これも特に他との比較検討はしていません。

ざっくりと移行完了までの流れ

  1. 事前作業
    1. 新サーバーを追加契約
    2. ネームサーバーでanis774.netのTTLを5分に変更
    3. 検証用環境としてUbuntu 16.04 LTSをインストールしたAzureのVMを準備
    4. ネームサーバーに検証用環境に向けたサブドメインを追加
    5. 旧環境互換になるようにパッケージをインストール、設定する環境構築用playbookを記述、検証用環境に対して実行してapacheのデフォルトのページが表示されることを確認。
    6. サーバーからWordPressのデータのダンプを取得するplaybookとダンプしたデータをサーバーにリストアするplaybookを記述。旧本番環境からダンプしたデータを検証用環境にリストアしてWordPressが動作することを確認。この際に検証用環境のドメインが違うためリストアしたDBにログインして一部設定をSQLで直接変更する作業を行いました。
    7. playbookにletsencryptのインストールから証明書の取得、apacheの設定までを行うroleを追加。検証用環境に対して流して結果を確認。
    8. WordPressの管理画面から”WordPress アドレス (URL)”、”サイトアドレス (URL)”の設定を”http://~”から”https://~”に変更
    9. WordPressにSearch Regexプラグインを追加し記事中のhttpへのリンクをhttpsへ一括置換。サイドバーに設置しているiframeのリンク先が”http://~”になっている部分を”//~”に変更。適当ないくつかの記事でリンクを踏んでみて挙動を確認。
    10. 検証用環境を停止
  2. 移行作業
    1. 新サーバーに対して環境構築用playbookを実行。
    2. 旧サーバーのWordPressでログインしないとコメントできないように設定を変更。WordPressのユーザーは私一人なので実質コメントができない状態になる。
    3. バックアップ、リストア用のplaybookを用いて旧サーバーから新サーバーへデータを移行。
    4. ネームサーバーのanis774.netのAレコードを新サーバーに向けて更新。
    5. 作業用PCの回線を自宅のWiFiからLTEに切り替えてnslookupコマンドでanis774.netのIPアドレスを確認、新サーバーに向くまで待機。
    6. 頃合いを見て旧サーバーを停止。コメントを開放。
    7. TTLを元に戻す。
  3. 事後作業
    1. 旧サーバーを解約。

これでダウンタイム無しでサーバーを移行することができました。

今後の展望としてはサーバーからpostfixで発射したメールが未着になることが低頻度で起こり、その度に面倒な対応が必要になっているので、これを少ない手間で解決するためにSendGridの導入を進めています。さくらのVPSユーザーであれば無料プランを特典付きで契約できるので導入を決めました。

今回作成したplaybookには認証情報等がべた書きされているので、この辺りをキレイにして公開するかも知れませんししないかも知れません。

ちなみにパフォーマンスの改善は体感できていません。HTTPS対応で相殺されたんでしょうかね…

BRM1015薄野200km


以前からちょっとだけ興味があったブルベにリカンベントのF-FWDで参加しました。

準備

ブルベが普段のサイクリングと違う点は以下であると考えました。

  • 指定したコースを走る
  • 指定した時間内に走る

指定したコースを走るために

公開されているルートラボのデータを見ながらLezyne Super GPSのナビデータを作成しました。

ルートラボからエクスポートしたデータをインポートしても曲がり角の案内等がされない簡易的なナビゲーションになるので、ルートラボ上のルートを目視しながらSuper GPS使用者用のWebアプリのルート編集画面に走行ルートを写経して、曲がり角の案内をしてれるナビデータを作成しました。ルートの作成はスタート地点、ゴール地点、複数の経由地点を指定して作成するのですが、指定できる経由地点の数に制限があり全行程のナビデータを作成できませんでした。そこでPCを区切りに複数のナビデータを作成し、PC毎にナビデータを切り替える運用としました。結果的にPCを通り過ぎてしまう不安を取り除くことができました。

作成したナビデータには地点を指定してメッセージを登録することができます。そこで、キューシートに記載されている注意点や、朝里峠のトンネルが連続している区間でライトのOnOFFを行う予定地点でメッセージを表示させました。トンネルに入るたび出るたびにライトを操作していては時間を浪費しますし、ずっと点灯したままでは後半の夜間走行に支障が出る可能性があります。これらの問題を解決するためにとても役立ちました。

走行するルートの公式データはルートラボではなくキューシートですから、作成したナビデータとキューシートを突き合わせて入念に確認を行いました。また、キューシートをOneNoteに取り込んで、どこまで進んだかわかるように各行にチェックを入れられるようにしました。これをハンドルに付けたスマホから確認してルートを進むごとにチェックを入れていく計画でした。しかし、GPSのナビで十分だったこと、曲がるたびに停まって行うスマホの操作は煩雑だったため実際には殆ど使いませんでした。キューシートはオリジナルのままのPDFをスマホにダウンロードして置くだけで十分でした。

結局は殆ど使わなかった。

指定した時間内に走るために

速く登坂するのが苦手なリカンベントですから(リカンベントは登りが苦手と言われますが、速く走ろうとさえしなければ楽に登れるのです)、朝里峠を越えた後のPC1を越えられるかどうかが第一目標となります。ただ、リカンベントはエネルギー効率が高く疲れにくいかわりにロードバイク等のアップライトな自転車の様に疲れた状態でダンシング等で誤魔化しながらペースを維持するのは苦手です。朝里峠で脚を使い果たしてしまってはその後の完走も危うくなりますから、朝里峠を最大限脚の消耗を抑えたギリギリの遅いペースで越え、その後は足切りの不安を感じずかつ速過ぎないペースで淡々と走る計画としました。

PC1での足切りのプレッシャーから朝里峠の登りで脚を使い過ぎてはいけません。例え他の参加者からごぼう抜きにされようとも自信を持って遅く走る必要があります。そこで、ソフトウェア開発の進捗管理で使われることが多いバーンアップチャートで走行ペースを管理することにしました。

横軸が走行時間で縦軸が走行距離です。赤色の足切り線がこれより遅いと足切りになるライン、緑色の最速線がこれ以上走ってもPCオープン時間より速くなって意味がないライン、灰色の計画線が今回の走行のために計画したペースに沿ったラインです。要所々々で現在時刻とサイコンに表示されている走行距離を入力するとオレンジの実績線が右上に伸びていき、計画線や足切り線との値や傾きの差を直感的に把握しながら走ることが出来ます。これをスマホで更新しながら走ったのが大成功で、終始フィジカル面、メンタル面共に余裕を持って走ることが出来ました。

実走

ペースノートとStravaでもう書くことないと思ってしまうところですが…計画線と実績線がズレていることの言い訳を綴っていきます。

48.75km地点は朝里峠の頂上付近です。計画よりも速く登っていますが、これは単純に当初の見積りが遅かっただけです。実際のペースでも脚を消耗することはありませんでした。

76.15㎞地点はPC1です。ここで計画より大きく遅れています。実は序盤でリカンベントの安全な走行に寄与する大切なおまじないであるセーフティフラッグが脱落してしまいました。脱落に気付かずに走っていたところ後続の方に拾って戴いて、更にはフラッグを仮固定するためのテープまで頂きました。通過PCで確認したところ、このままゴールまで行けそうに思える程にしっかり固定できていました。それでもやはり不安なので、PC1で瞬間接着剤を使って確実に固定するため20分程度余分に滞在していました。その後に強風の区間を走ることになったので結果的には再度のフラッグの脱落を防ぐ良い判断になりました。また、朝里峠の下りの寒さから途中で温かい飲み物を買って長めに休憩を取っていたのもあります。ただ、足切り線に対しては十分に余裕があることがわかりますから、以降も遅れを取り戻すためにペースを上げるようなことはしませんでした。

162.9㎞はPC3です。ここから計画線よりも遅いペースになっています。これは夜間走行となり、街灯がない区間が想定より多かったためにペースを落としたものです。ただ、これだけ終盤まで来たらサイコンに表示されるグロスの平均速度が15㎞/hを下回らなければ完走ペースですから、以降はペースノートを気にすることなくサイコンの情報のみで淡々と距離をこなしました。

感想というか反省というか

  • フラッグの脱落は想定外。以前にも脱落したことがあったので想定しておくべきでした。
  • 朝里峠の下りが寒かった。リカンベントは足先で風を切りますから、足先の保温対策をして置くべきでした。足先の冷えから右足首の動きが硬くなってしまい、これが影響して翌日に軽い膝の痛みを残すことになりました。指無しのグローブで走りましたが、冬用の指付きが望ましかったです。
  • 朝里峠の下りは難易度が高かった。悪名高い縦溝付きのカーブは知っているコースであっても緊張しました。縦溝が始まる前に減速を済ませておかないと間に合わずにアウトに膨らんでしまいます。十分に減速出来ても縦溝にタイヤが取られて車体が不安定になりますから、気を付けた上でさらに気を付けて集中して走る必要がありました。
  • PC1~PC2の風が強かった。他の参加者は向かい風と言っていたような気がしますが、リカンベントだからなのか向かい風とは認識していませんでした。ただただ強い横風で車体が煽られるのに耐えながら走っていました。このような状況ではセーフティフラッグが風を受けるので、セーフティフラッグを抜いてどこかに収納して走ることが出来るようにしておけば良かったです。
  • 街灯がない区間の夜間走行でペースが落ちた。新篠津から江別までの街灯がない区間はHL-EL540を後の河川敷でハイモードが必要になるのに備えてローモードで点けていました。江別に入ってしまえば乾電池の調達も楽だったでしょうから、ケチらずにハイモードを使っていればマシだったかも知れません。ハイモードで走った河川敷も似たようなペースだったのでどちらにしろより明るさとランタイムに優れたライトがあればベターでした。また、照射範囲には限りがありますから道路の境界等が認識しやすいように、他でも言われているようにヘルメットにマウントするライトはあった方が良かったと思いました。
  • シフトが重い。ワイヤーの取り回しがイケてないのです。後半疲れて来るとシフトレバーでワイヤーを引く操作が辛かったです。ワイヤーを引き直すか電動にするか…何とかしたいところです。
  • 目が疲れる。眼鏡で走行風を受けるので目への負担を感じました。普段のサイクリングでは我慢すれば済む程度ですが、これだけの距離になると蓄積した疲労が無視出来ませんでした。度入りのアイウェアが欲しいです。
  • もっとアップダウンのあるブルベだったら…完走は厳しかったと思います。
  • こんな感じで300㎞だったら…ギリギリ完走できるかどうか…というところです。
  • もっとド平坦で300㎞だったら…完全にリカンベントのフィールドです。私のような貧脚でもなんとかなりそうに思います。
  • 400㎞だったら…私には無理です。足切り or DNF or 過労運転でアウト でしょう。貧脚の遊びの域を超えています。
  • 満足しました。初めてのブルベはとても楽しかったです。自分自身のスキルの制限、主催者から設けられた制限の中で複数の要素のトレードオフを選択しながら走るのはゲームをプレイしているような感覚で、サイクリングとして考えるととても新鮮で楽しいものでした。というか、これって自転車を使ったゲームですね。もう満足したので今後のブルベへの参加は今のところは考えていません。今のところは…です、楽しかったので。ただ、満足したのです。
  • サイクリストとしての自分を知ることが出来ました。ロードレースから身を引き、身体故障でリカンベントに乗り換え、その上で緩くサイクリングを楽しんでいる自分が、総合的なサイクリストとしてのスキルを高い次元で求められているブルベの世界ではどの程度のものなのかを肌感覚で知ることが出来ました。

剛脚ロードのコバンザメしたリカンベントが平地で千切れるサイクリング

古くからの自転車仲間2人と走りました。一緒に走るの10年ぶりくらいでしょうか。2人はロードバイク、私は当然リカンベントのF-FWD。

序盤の平坦でリカンベントの利を活かして(調子に乗って)前を引いたりもしたのですが、途中で現れるグラベル?ダブルトラック?の劇坂!前輪駆動ですからトラクションが掛からず難儀、滑らないように加減して踏んでも大きめの砂利で跳ねて進まないので、少しホイールスピンさせて砂利を飛ばすイメージで登坂。とにかく前輪で車体を引っ張り上げていないと安定しないのです。小径ホイールが大きめの砂利で吹っ飛んでいくのをカウンターを当てラインをキープしながらの登坂は傍目に見ればノロノロフラフラ登ってるだけですが、やってる方はラリーのSSで全開ドリフトキメてるかのようなエクストリームな登坂でした。それでも中盤で斜度が上がって限界を超えたので諦めて押しモード。ロードの2人はグイグイ上っていく。アレをロードで登るとか絶対におかしいよ…

で、登り切ったらこの絶景!

これはエクストリームな登坂(と押し)を頑張った甲斐があったというものです。

 

その後はおにぎり あぜっこで昼食。はい、写真撮るの忘れました。おいしかったです(小並感

 

エクストリーム登坂でかなり脚が削れて中盤からはずっと切れっぱなしでした。登りでの遅れを平坦で取り戻せなくなり、更に脚が削れると平坦でツキイチしてても切れる始末。平坦でロードにツキイチのリカンベントが千切れるってorz まもなく脚が攣りそうになり、使う筋肉を細かく切り替えて回避しながらの追走。ここで競技で限界走行していた頃の経験が活きました。

いやーキツかったです!こんなにまとまった距離を追い込んで走ったの何年ぶりでしょう。帰宅したらエクストリーム登坂でドロドロになったF-FWDを洗車して、死んだ筋肉の回復のために肉多めのご飯を食べました。

お供してくれたお二方、今日はお疲れ様でした!

昔走った練習コースに行ってみた

F-FWDで昔ロードバイクで走った練習コースに行ってみました。懐しい感覚やら、こんなにアップダウンあったかな…みたいな感覚やら。

コース途中の登りでかなり追い込んでる様子のガチっぽいローディに登りで抜かれたのですが、そのうち平坦で追い付くかも?っと思いつつそれなりに頑張って踏んでました。しかし、それから一度も背中を視界に捉えることなく周回を終えました。

全体的に運動してる感のある気持ち良い強度で走れました。良いサイクリングでした。

マイ定番サイクリング小林峠からのモアイでこころーど

たまにバイク弄った記事書くだけってのも自転車乗りっぽくないんで、走った記事も書こうかと思い。暑過ぎず丁度良い気温だからなのかモーターサイクリストも多かったですね。みんな楽しそうで、もちろん私も楽しく走りました。


Performer F-FWDのアイドラ周り修正

F-FWDのアイドラにはドライブ側、リターン側共に問題がありました。先ずはドライブ側、

中央のアルミ地が出ている部分とアングルが干渉して削れてしまっています。ベアリング厚み方向の中心に1つあるのみで、アイドラが左右に自由に動けてしまうのが原因です。そこで、スペーサーを入れて左右の動きを制限します。

目立って干渉している内側には内径12mm厚さ2mmのスペーサーを2枚入れます。外側には同じものを1枚です。外側はアイドラの内径が小さいためにスペーサーの外径も収まるように小さいものを選ぶ必要があります。

あとは元通り組見付けるのですが、締め過ぎると外側のスペーサーが変形してアイドラの内側に干渉し回転が重くなります。そこで、外側のベアリングの中に8Mのスプリングワッシャーも入れます。これで最後まで締め付けてもアイドラの左右に遊びが出来て、かつアングルに干渉しない丁度良い感じになります。

 

ドライブ側はこれで解決ですので次はリターン側です。

ベアリングが片方の端にしか入っていないためアイドラが傾いてアングルに干渉するため、色が剥げてしまっています。

そこで、ベアリングの内輪を延長するようにスペーサーを入れて左右からしっかり締めることでアイドラが傾かないように対策することにします。内径8mm厚さ5mmを一枚、同じく内径8mm厚さ2mmのものを2枚の計9mmで丁度良くなりました。

アイドラよりスペーサーが少しだけ飛び出している様子がわかるかと思います。

反対側には8Mの皿バネワッシャーを入れます。中央が盛り上がっている方をアイドラ側にします。ベアリングの内輪にのみテンションを掛けて締めるのが狙いです。もし厚み1mmのスペーサーが入手できればそちらの方が良いかも知れません。

 

F-FWDのアイドラ大まかな構造はとてもよく出来ているにも関わらず詰めが甘いところがありましたが、今回うまく対策することが出来ました。

ハイドレーションチューブホルダー紛失~交換

Performer F-FWD 2017前期仕様で導入したCAMELBAK純正ハイドレーションチューブホルダーですが、何かの弾みで外れてしまったのかチューブ側のアタッチメントを紛失してしまいました。そこで同じものを再度注文したのですが、在庫がなくメーカーでももう製造していないとのことでキャンセルとなってしまいました。

そこで注文したのが

純正品は付けるときは近付けるだけでマグネットでくっ付き、外すときは横にスライドさせて外すようになっています。付けるときは手探りに使うにはマグネットが弱く、外すときは後ろ手に片手で決まった方向にスライドさせるのに慣れが必要でした。

こちらの製品は近付けるとくっ付き、引っ張れば外れるので純正品よりも使い勝手が良さそうです。試しにシートに座って着脱してみましたがマグネットの強さが程よくとても良い感じ、次に走りに行くのが楽しみです。(今週末は雨予報…)

アウターとバッシュガードの間にチェーンが落ちる対策成功

アウターとバッシュガードの間にチェーンが落ちる件アウターとバッシュガードの間のスペーサーを薄いものに交換しましたが、まだアウターとバッシュガードの隙間が空き過ぎていてチェーンが落ちてしまうのでした。

そこで、より薄いスペーサーを購入しました。

 

バッシュガード付属の5ミリくらい(画像下)のスペーサーから3.5ミリ(画像中央)を試し、今度は1.2ミリ(画像上2枚)です。今回、これを2枚入れて2.4ミリとしました。

 

結果、アウターに掛けたチェーンとバッシュガードの隙間がここまで狭くなりました。

これで荒れた路面を含む50㎞程試走しましたが、チェーントラブルはありませんでした。今度こそ解決と言って良さそうです。もう何も起こらないとは思いますが、何かあれば報告します。