よく見聞きする車道を走る自転車に対するドライバーからの言説に対する個人的意見

邪魔だ、迷惑だ、歩道走れ。

邪魔で迷惑なのは知ってます。速度が異なるものが混ざっているのだから当然です。我慢してください。自動車にもあるように、自転車にも責任がありますから、安易に歩行者との接触リスクが増える歩道走行は選べません。また、自転車は歩くよりも速く移動するための乗り物ですから、常に徐行が義務の歩道を走行していては自転車に乗る意義がありませんからあり得ない選択です。

危ないから歩道走れ。お前のために言っている。

余計なお世話です。自身の安全のために自転車通行可の歩道を走るかどうかを選択するのは私です。あなたではありません。車道走行にリスクがあるように、歩道走行にもリスクがあります。あなたはそのリスクに対して責任を取れません。黙っていてください。歩道は歩行するため、車道は車両が走るために出来ています。道路の構造のみを考えれば自転車が走行する場所としては車道の方が安全です。車道を危険にしているのは一部の自動車です。あなた自身が自転車に対して危害を加えないように遵法運転をしてください。それ以上のことは望みません。

信号無視する癖に

信号は守るべきです。歩道でも車道でも同じことです。

信号待ちでのすり抜けうざい

知ってます。殆どの場合お互いにメリットがありませんからやめた方がいいと思います。ただ、すり抜けずに後ろについて停止するとすぐ横に並んでくる自動車がいます。これは異常に接近した状態で再発進時に接触の危険がありますから困ります。そういう場合は車列の前まですり抜けすることも考えられますが、すり抜け中に車列が動き出すと接触の危険がありますから困ります。それならいっそ最初から前に出てしまえという動機は理解できます。

自転車は自動車の走行の邪魔にならないように極端に端に寄るべきだという風潮が反対に作用して、邪魔にならないように端に寄っているからそのまま前進できるだけ前進しても構わない、というような感覚を持たれているのがすり抜けをする自転車が多い理由なのではないかと推測しています。また、自動車が自転車を追い越す際の側方間隔が狭い傾向が作用して距離感覚がおかしくなっている気もします。

信号待ち位は自転車も自動車も順番に並んで待つようにしたいものです。

都合のいい時だけ歩道走りやがって

歩道走って欲しいんならお互いに都合が良いじゃないですか。

歩道と車道を頻繁に行き来してて危ない

あれは危なっかしくて見てられません。車道から歩道、歩道から車道に出入りするときは十分に注意するべきです。観察していると大抵は路駐を避けるために歩道に入って、路駐が途切れたから車道に戻るか歩行者がいるから車道に出るかのどちらかです。殆どの場合歩道でも徐行していませんからとても危険です。

路駐を避ける自転車危ない

路駐への対処は後続車両との相対速度が高いことも多く公道で自転車に乗っていて遭遇する状況の中でもかなり難易度が高いですから、うまく対処できない自転車も多いのでしょう。次の対処が理想的だと考えています。

対処法は大まかに分けて以下の三択です。(優先度が高いものから)

A. 右側の交通に危険が生じないように進路変更をして避ける

B. 路駐の後ろで停止して、右側の交通が途切れるのを待つ

C. 歩道から避ける

Aが可能かの判断を、もし不可能だった場合にBの判断に変更できる程度に早い段階から余裕を持って行う必要があります。進路変更は合図を行ってから、もし進路変更を中止しなければならなくなっても(自動車の想定外の動きによってそうなることはそれなりの頻度であります)Bに余裕を持って移行できるように早い段階から進路を変更します。また、路駐のドアが開いて接触するリスクがありますから、十分な側方間隔を取って大きく右に進路を変更する必要があります。

この判断が遅れるとBの停止も間に合いませんから、十分な安全マージンを取れずに危険な進路変更をしてしまうのでしょう。右の進路の後続車への遠慮がより小さな動きで路駐を避けようとすることに繋がって、結果的に危険な進路変更となることも多くありそうです。常にスキルの向上に努めたいものです。

だってあいつら交通ルール守らないじゃん

車道を走るのもルールです。具体的なルール違反に対して個別に指摘をすれば足ります。

遊びで車に迷惑かけるな

どのような目的で何に乗ろうと自由です。あなたはレジャーで自動車を利用しているときに職場に向かう自転車に進路を譲りますか?自転車、自動車がどのような目的で運用されているのかは見た目ではわかりませんから、個別に判断して対応を変えることは非合理的です。

ウインカーもないくせに

自転車を想定した方向指示器の基準が存在しません。そのため、実質的に機能する製品は存在しても法的に有効な製品はありません。それでも自転車は車道を走るように決まっています。そういうものだと思ってください。自動車の基準を自転車に押し付けないでください。

フラフラしやがって

自転車はそういうものです。離れてください。

轢いたら人生が終わる

私の人生も終わります(轢いても轢かれても)。轢かないでください。あなたは轢いて相手の人生を終わらせる可能性があるものを運転しています。そのことに対する責任があるというだけのことです。

税金払ってないくせに

自動車の需要を満たす道路にするためにより多くのコストがかかっているのだから当然です。

免許もないくせに

制度がありません。それでも自転車は車道を走るように決まっています。そういうものだと思ってください。自動車の基準を自転車に押し付けないでください。あなたは自動車を運転する以上のことを運転免許によって許されてはいません。

渋滞の原因になる

自動車がいなければ渋滞しません。あなた自身も渋滞に加担しています。

2 thoughts on “よく見聞きする車道を走る自転車に対するドライバーからの言説に対する個人的意見

  1. 道路交通法第十節第五十三条を遵守し自転車も右左折時の合図を行ってください。

    • それ言われたことなかったです。左折は割と合図出すんですが、あんまり求められてる実感ないです。右折時は進路変更の合図だと思われたり嫌がらせだと思われそうなんで停止の合図で代用することが多いです。法律なんで出す必要ないとは言えないんですが、ドライバーからはそんなに重要視されていないように感じています。
      進路変更の合図はとても大切だと思っています。そこは念のため。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.