アウターとバッシュガードの間にチェーンが落ちる対策成功

アウターとバッシュガードの間にチェーンが落ちる件アウターとバッシュガードの間のスペーサーを薄いものに交換しましたが、まだアウターとバッシュガードの隙間が空き過ぎていてチェーンが落ちてしまうのでした。

そこで、より薄いスペーサーを購入しました。

 

バッシュガード付属の5ミリくらい(画像下)のスペーサーから3.5ミリ(画像中央)を試し、今度は1.2ミリ(画像上2枚)です。今回、これを2枚入れて2.4ミリとしました。

 

結果、アウターに掛けたチェーンとバッシュガードの隙間がここまで狭くなりました。

これで荒れた路面を含む50㎞程試走しましたが、チェーントラブルはありませんでした。今度こそ解決と言って良さそうです。もう何も起こらないとは思いますが、何かあれば報告します。

アウターとバッシュガードの間にチェーンが落ちる対策失敗

アウターとバッシュガードの間にチェーンが落ちる対策をして問題は解決したと思ったのですが、今日40㎞走る間に4回くらいチェーンが落ちました。

チェーンリングとバッシュガードの間にチェーンが乗った状態でトルクがかかると、チェーンリングとバッシュガードの間の間隔が広がってチェーンが挟まってしまうようです。以前よりも狭い隙間にチェーンが挟まるので復旧作業も以前より難しくなりました。

スペーサーにより薄いものを使う必要がありそうです。何かあれば都度記事書きます。←書きました

北海道そらちグルメフォンド2017に参加します

今日から北海道そらちグルメフォンド2017のエントリー受付が開始されました。今年はミドルコース(70km)にエントリーしました。

2015開催時にはタルタルーガTypeFで参加してとても楽しかったのですが、2016は悪天候により中止となりました。今回は中止となった2016のリベンジということで、今度こそ2015の時のような気持の良い天候の中楽しめるように期待しています。

今回はリカンベントのF-FWDで参加予定です。むしろこのイベントに輪行で参加するために折りたためるリカンベントを選んだようなものです。車両レギュレーションに

●小径車、リカンベントでの参加は可能ですが急坂区間など十分に注意して走行してください。

とあり、明示的にリカンベントの参加を認めている、ベントライダーにとって貴重なサイクリングイベントです。

変な自転車なのでひと目見てすぐにわかると思います。ベントライダーやリカンベントに興味をお持ちの方がいらっしゃいまいしたら参加の際にはぜひ声を掛けてやってください。

アウターとバッシュガードの間にチェーンが落ちる対策完了

前輪駆動リカンベントのF-FWDにバッシュガードを取り付けたところ、アウターとバッシュガードの間にチェーンが落ちるようになった件ですが、スペーサーが届いたので交換したところ解決しました。

アウターとバッシュガードの間にチェーンが乗っかることはあるのですが、完全に間に落ちてしまうことはなくなりました。また、間にチェーンが乗ってしまっても、一度インナーに変速してからアウターに戻せば復帰可能ですので、かなり安心して走れるようになりました。

と思われたのですが、結局ダメでした

アウターとバッシュガードの間にチェーンが落ちる対策

前輪駆動リカンベントのF-FWDにバッシュガードを取り付けたところ、アウターとバッシュガードの間にチェーンが落ちるようになってしまいました。アウターとバッシュガードとの間は4.5mmか5mm程度(ノギスが無いので適当)のスペーサーで間隔が空けられていますが、この間隔が8速か9速辺りのチェーンに合わせてあるのが原因と推察。もう少し薄いスペーサーを注文しました。

届いて実走してみたらまた記事書きます。届いたので交換したところ解決しましたダメでした。

続きはこちら

Performer F-FWD 2017前期仕様

2017前期仕様なんて言っちゃってますが、つまりは2016年冬のボーナスを突っ込んだということです。変更箇所と感想、残る問題点とかを書いていきます。

バッシュガード

http://www.driveline.com.tw/_en/product_detail.php?id=81

事故時のチェーリングの歯による傷害を軽減する目的で装着しました。見た目はあまり変わりませんね。アウターリングの外側にスペーサーを介して取り付けるのですが、9速チェーン向けだからなのかアウターリングとバッシュガードの間に10速チェーンが噛んでしまうことがあります。薄いスペーサーの代わりになるものを探して対策したいところです。

ALFINE油圧ディスクブレーキ

http://cycle.shimano.co.jp/content/sic-bike/ja/home/components1/pavement/alfine/br-s700-l.html

http://cycle.shimano.co.jp/content/sic-bike/ja/home/components1/pavement/alfine/bl-s700-l.html

http://cycle.shimano.co.jp/content/sic-bike/ja/home/components1/mountain/saint/sm-rt86.html

機械式ディスクブレーキのBB5が付いていましたが、リアブレーキのワイヤーがフルアウターで長く、引きの重さが気になっていました。コントロール性があまり良くなくリアをロックさせてヒヤッとすることもありました。

アイステック対応、オンロード向け、フラットバー用のレバー、ポストマウントを条件に選定したところこのモデルとなりました。引きが軽くコントローラブルで大満足です。

大音量電子ホーン

https://www.thehornit.com/the-hornit-db140/the-hornit-db140.html

出来るだけ使わなくていいように走りたいものですが、もしもの時のために自動車に対して有効な音量のホーンは備えておきたいです。ブームの先端に取り付けたいところですが、付属しているスイッチのワイヤーだと長さが足りません。長いワイヤーのスイッチがオプションで用意されていて、amazonで取り扱いがあったのでそちらで購入しました。

効果のほどは…まだ必要に迫られて鳴らしたことがないのでわかりません。

ミラー

http://bscycle.co.jp/products/option/other/BM-MT/index.html

右に取り付けていたものを左にも追加しました。左折時や合流時の確認がしやすくなりました。

サイコンマウント

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00C0NZ47E/

ハンドルが狭く、左右にミラーを取り付けるとサイコンの居場所がなくなります。そこでこのマウントを見付けて装着しました。固定力に不安を感じていましたが、サイコン程度であれば問題ないようです。見た目よりはずっとしっかり固定されます。

テールライト

http://hamamotocycle.cart.fc2.com/ca13/161/

フラッグポールに取り付ければゆらゆらと揺れて目立てるのでは…という期待から追加のテールライトです。自分ではよくわかりませんが、目立てていることを期待してます。

http://amzn.to/2nBgBOg

タルタルーガTypeF用に購入して気に入っていたので、F-FWD用にも短いバージョンを購入しました。シートステーに装着しています。感想は後続車のドライバーに聞きたいものですが…自分で確認した範囲では必要十分には目立てていそうです。

ハイドレーションチューブホルダー

http://amzn.to/2oj7jUd

シートバッグに取り付けています。手探りで使うことを意図した製品ではないからなのかイマイチ付け外ししにくいです。慣れれば問題ないかものなので、しばらくはこれで様子を見ます。

2017後期へ向けて

つまりは2017年夏のボーナスで何やるかってことです。段差でチェーンが暴れて外れてしまうことがあるので対策を取りたいです。

フロントディレーラーのガイドプレートとチェーンの位置関係が通常の自転車とは異なるので、これをカバーするためにフロントのシフターをフリクションレバーにしてみるのも良いかと考えています。

そもそもチェーンが暴れるのが良くないので、リアディレーラーをチェーンスタビライザー付きのものに交換することも考えています。シマノのシャドーRD+とスラムのType2で迷うところです。F-FWDは駆動輪の取り外しがやりにくいのでスラムのケージロック機能はちょっと魅力的です。

SiteGurad WP Plugin 1.3.3のCAPTCHA関連ログイン不可からの復旧

SiteGurad WP Pluginを管理画面から1.3.3に更新して少し経ってから、またSiteGurad WP Pluginの更新を知らせるメールが来たので管理画面にログインして更新しようとしたところ、ログインが出来なくなっていました。いろいろ試したのですが、ふと更新履歴を見たところ

1.3.4

・ Fix an issue where CAPTCHA might fail in 1.3.3

なるほど…サイトから1.3.4をダウンロードしてSCPで配置したらログインが可能になりました。

Performer F-FWD セーフティフラッグの取り付けとか

セールティフラッグの取り付け

wp_20161003_00_38_03_proresizedwp_20161003_00_38_50_proresizedwp_20161003_01_22_23_proresized

セーフティフラッグの取り付け方法には悩みました。リアエンドにクイックで共締め出来れば楽なのですが、リアエンドの形状的に無理でした。そこで、シートを固定しているクイックと共締めしました。シート固定金具にはシートピンが滑らないように段差が付けられているのですが、ここにフラッグポールの台座を挟んでしまうとシートピンが段差にかからなくなって外れやすくなってしまいます。そこで段差に収まるサイズのワッシャーも一緒に挟んで締めています。この一か所だけでは十分な固定力がありませんので、シートと純正シートバッグの間を通しています。

 

ライトの取り付け

wp_20161003_00_44_47_proresized

ミノウラのアクセサリーホルダーに固定しています。今のところ振動でブレるとか折れるといったような不安要素はありません。スペーサー等入れることなくフロントディレーラー取り付け用パイプにピッタリと付きました。そのまま締め付けても塗装に目立った傷等は付きませんでしたが、気になる人は気になるかも知れません。

 

ミラーとか

wp_20161003_00_42_19_proresiszed

左はゼファールのスパイミラー。あんまり役に立ってません。右はブリヂストンのミラーです。最初はB&Mのサイクルスター80 903を付けていたのですが、樹脂製の取り付けバンドが柔らかいからなのか振動で像がブレてしまうのが不満でした。こちらのブリヂストンのミラーはブレもなくとても快適です。

 

水が飲めない

wp_20161003_00_46_50_proresized

シート下にボトルケージ用のダボがあるのですが、この位置のボトルを走行中に抜ける気がしません。というか無理でした。これでは肩が外れてしまいます。何でこの位置なんですかPerformerさん。ハンドル周りに重いボトルを付けるのも嫌なので、キャメルバックのボトルチューブを付けて走行中も飲めるようにしました。飲まないときは飲み口を反対側のポケットに入れておくか脇に挟んでいます。飲まない時の飲み口の収まりどころはもう少し改善したいところです。

 

 

とりあえずこんな感じで問題なく乗れています。

前輪駆動折り畳みリカンベント Performer F-FWD購入

Performer F-FWD

休日のロングライド用に速いバイクが欲しくなり買っちゃいました。自動車を持っていないのでイベント参加等のために輪行で移動できること、タルタルーガTypeFでは難しいような長距離を走れること、ロードバイクと同等の走行性能を持っていることを条件に選定しました。通勤、買い物用に乗りやすいタルタルーガTypeFがあるので、こちらに関しては乗りやすさや実用性は一切考慮しないこととしました。そこで見付けたのが前輪駆動の折り畳みという強烈な個性を放つF-FWDだったのでした。

 

先週に納車して今日まで300kmほど乗りましたので、ここまでの印象を述べます。

操舵性

駆動輪が前輪にありチェーンを捩るようにしてハンドルが切れるので操舵角が小さいです。大通りの左折には影響ありませんが、路地でのUターンや二段階右折の際の方向転換では切り返しが必要になることがあります。いっそバイクを持ち上げて方向を変えた方が早いことも多いです。

また、リヤ(前にありますが)の変速をトップ寄りにしてペダルを踏むとハンドルが右に切れるように力がかかります。この現象はフロントをインナーにしているとより顕著になります。ただ、ハンドルを軽く持っていれば抑え込める程度ですので”癖がある”と感じる程度でこれが問題になることはありません。

乗り心地

小径ホイールでフレームが固く、サスペンションもなく、シートに体を預けるので抜重しにくいため荒れた路面での乗り心地は悪いです。振動で背中が痺れるほどです。きれいな路面ではかっちりした乗り心地です。

走行性

踏み出しは軽く、ゴツゴツとした質感の硬いフレーム、フォークがしっかりと路面に駆動力を伝えて加速します。ダンシングで一気にトップスピードに持っていけるロードバイク等には敵いませんが、かなり気持ちの良い加速を味わえます。

平坦では単独なのに列車を組んで引いて貰っているかのような低負荷と速度で巡航出来ます。向かい風の影響をあまり受けません。小径ホイールのハンデもあるのでしょうが、空気抵抗の少なさがそれを上回っています。

登りはフレームの剛性の高さからか実際の車重以上の軽さを感じます。リカンベントですから速くはありませんが、重いとか進まないとか言ったようなネガティブな感覚はありません。身体にリミッターがかかっているような感覚でペースを上げられないのですが、登坂効率そのものはとても高いです。ロードバイクで同じペースで登るのに比べて疲れません。

 

全体の印象としては前輪駆動の洗練されていない荒々しい質感に硬い乗り心地、タイトなポジション、操舵角の小ささによる不便さが相まって”レーシーでメカメカしい乗り物を操縦している”という非日常的な気分に浸れます。これは楽しいですよ。

タルタルーガTypeF修理

タルタルーガTypeFフレーム接着剥離箇所フレーム中央部を持ち上げるとガタガタと動く部分があり、どうやら写真の赤丸の部分の接着が剥離している様子。タルタルーガ マエストロのお店で相談をしたところ、再接着による修理が可能かも知れないとのことで依頼をしました。

作業完了の知らせを受けて引き取ったのですが、サスペンションの動きが格段に良くなっていました。状況によって販売店での修理になる場合と製造国の工場に送る場合があるそうなのですが、今回は販売店での修理が可能なケースで、費用も決して高いものではありませんでした。

当面はこのタルタルーガTypeFで通勤とポタリングを楽しめそうです。