BRM617前田200km

BRM617前田200km完走しました。前回のBRM1015薄野200kmと距離は同じですが獲得標高が1000m多い山岳コースとなっています。前回のブログでは「もっとアップダウンのあるブルベだったら…完走は厳しかったと思います。」と書いていたわけですが何とか走り切ることができました。

前回と同じように走行ペースをグラフで管理しながら走りました。と言ってもとにかくギリギリで完走は危いと予測していたので、各PCで15分の貯金がある状態を維持して走る計画を立てました。これで駄目ならPC2でDNFして倶知安駅から輪行で帰宅する計画です。やけっぱちです。

ではグラフの説明。24km地点で予定外のトイレ休憩を取っています。40㎞地点はPC1、若干の貯金を作れました。

60㎞地点は中山峠の頂上です。ここでかなり貯金が少なくなっていますが脚にはまだまだ余裕があります。

この後中山峠の下りで一気に借金を返して貯金を作りますが、その後からが地獄でした。少しの間だけ平坦基調だったのですが、それからずっと登りと下りしかありません。中には9%の登りもありみるみるうちに脚が削れて行きます。そうして107㎞地点のPC2、ここでもう完全に脚が売り切れ状態です。とにかくきつい!

冷水峠旧道を登って145㎞地点、通過チェックです。カルデラ展望所案内板を写真撮影します。あまりにも余裕が無さ過ぎて展望所なのに一切展望することなく作業のように写真を撮ってすぐに出発します。

175㎞地点、小樽市内の何でもない交差点なのですが、小樽らしい坂、坂、坂、とにかく坂でへとへとになり堪らずに自転車を停めて補給&休憩タイムにしました。

そのあと間もなくの177㎞地点、コンビニあるし!で更に補給&休憩。スナック菓子とラムネ菓子で少しでも脚の回復を図ります。

そのあと間もなく小樽の最後の激坂です。前輪駆動リカンベントのF-FWDですから、前輪のトラクションが不足して登れないという事態も予想していましたがギリギリ乗車したまま登ることができました。先ほどの補給が効いているのか気合を維持してクリアすることができました。

その後は無です。何も考えることなく帰巣本能に任せてゴールを目指しました。12:02でゴール、無事トラブルもなく完走です。

 

前回の薄野200を走り終えた時点での感触ではこのコースでの完走は無理だろうと思っていましたし、今回はその時よりも乗れてなくて脚も出来ていませんでした。それにも関らず何とか完走することができたのは機材面での成熟があったからだと考えています。

まずホイールが変わっています。チューブはR-AIRに交換しました。現役時代からチューブはこのR-AIR一択だったのです。本当に良いチューブ。R-AIRは良いです。また、F-FWDは折り畳みですが、その折り畳みのヒンジにガタがありました。これをアルミ缶を切って作ったシムを入れることで解消しました。私のバイクにはレッドブルが入っています。これらの改善により下りでのスタビリティが目覚ましく向上しました。タイヤがしっかりと路面に追従し、その様子がシート越しに正確に伝わってくるので、カーブの途中でじわっとブレーキを当てて速度を調節するような場面でも全く不安がありませんでした。

シューズも変わりました。

そしてBMZのインソールを入れました。これがかなりの大当たりで、股関節の可動域が広がって昔のペダリングが戻ってきた感じです。

シートにスポンジテープを盛って形状を補正しました。臀部をホールドすることでの踏力の伝達ロス減少、骨盤を立てることで股関節の角度を最適化するのが狙いです。よりロードバイクに近い筋肉のバランスで踏むことができるようになり出力が上がりました。ただ、背中の真中辺りのサポートが弱く背中が逆に反った状態になり疲労の原因になりました。これはいずれ改善する必要があります。

ボトルケージを増設しました。以前まではシートバッグに刺したハイドレーションボトルの水だけでしたが、これでスポーツドリンク入りのボトルも持てるようになりました。水だけで走った前週の支笏湖の時は往路の登りで脚が攣ったのですが、今回は大丈夫でした。補給は大事です。(知ってた) ただ、ハンドルがボトルの分だけ重くなるのでハンドリングが凄くもっさりでした。ありもので対策したのでこの場所になりましたが、ハンドルポストの根本付近に移設する予定です。

UVカットのレッグカバーアームカバーを導入しました。話には聞いていたのですが、これは快適ですね。日焼けによる体力の消耗を抑えることができました。

 

前回走った後は「もうやんねーよ!」的なこと書いてましたが…また参加しちゃってますし、なんか楽しくなってきました。いや、もうやる気ないですよ。そう何回もやらないですって、多分。BRM929北海道300km増毛とか興味ないです。

他の参加者の皆さん、運営の皆さん、今回は楽しかったです。ありがとうございます。お疲れ様でした!

BRM617前田200kmエントリーからの今シーズン初支笏湖

BRM617前田200kmにエントリーしました。去年走ったBRM1015薄野200kmよりアップダウンの多いコースです。あれからホイールが変わったりシューズが変わったりして、その割には今シーズン全然乗れてないので感触を見るために支笏湖に行きました。

正直なところ完走出来るかどうか際どいところあるのでDNF時のプランを立てた上で輪行袋持って走ります。あと悪天候が予想される場合はDNSします。

小林峠で熊に怯えてモアイを拝むポタリング

頂上でお話ししたロード乗りの方から熊の出没情報を聞いて若干怯えつつ下りました。

 

知らない言葉を話すお姉さんから私のリカンベントを指さしながらシャッター押すように頼まれた(多分)ので、リカンベントとモアイと彼女が入るアングルで撮ったらリカンベントは要らなかったようでリテイクになりました。リカンベントじゃなくて大体の撮影位置を指さしただけだった様子?

シューズがあまりにもボロいので話だけ聞きにショップに行った筈が型落ちの特価品を持って帰ってました。試し履きしたら良い感じで、特価品となったらこれはもうそういうご縁なのかと。足元が一気に10年分くらい進化しました。

小林峠と思ったら雨が降ってきたので逃げるように引き返して市内をブラブラ

R’AIR調子良い。バルブ長48㎜にしたけど34㎜で良かったかも。

前回シートの角度を真ん中にして脹脛に負担を感じたけど、負荷を上げると右股関節と右足の土踏まずの外側に痛みが出るのを確認。やはりシートは一番起こした状態で乗るのが妥当か。

次のリカンベントはもっとハイBBなのが良いな。BBが高ければシートを寝かせながらも股関節の可動域を良いところに収められる。

ぶっちゃけリカンベントってどうなのよ?っていう話

リカンベントに興味はあるんだけど恐い…とか危なくないの?とか不安を感じている人ってそれなりにいるんだなと思い、安全面でのメリットデメリットとそれに対する対策を書くことで漠然とした不安を解消して貰おうという意図から表題に繋ります。

車から見えるの?

車からどのようにリカンベントが見えているか? が良くまとまっています。ざっくり言うと「接近すると見えないよ」ってことですね。ただ、それ程悲観することもありません。接近すると見えないくらい低いのは見てわかりますから、自動車が寄って来ません。あとは自分から死角に入らないように立ち振舞えば良いのです。

  • 記事でも触れられていますが、すり抜けは控えます。
  • 歩道は死角が多いため出来るだけ走らないようにします。
  • 車道では脇道や路外から進入しようとする車から見て沿道の構造物の死角に入りにくいように、過度に道路端に寄り過ぎないようにします。
  • 右直事故に注意します。右折待ちしている車の左側を通る時、対向の右折車からは死角になっていてこちらが見えません。

思い付くことをいくつか書きましたが、これらのことってリカンベントに限らず安全上有効ですよね。リカンベントの安全性は乗り手が当たり前の安全運転が出来るかどうかにかかっています。

視界悪くない?

とても良いです。アップライト車(リカンベントについての文脈でそれ以外の自転車を指す際にこう呼びます)は前傾姿勢に応じて視線が下に向きがちで、その為に左右の視界が狭くなりやすいです。そのために意識して視線を遠くに向ける必要があるのですが、リカンベントではその必要がありません。

足元見にくくない?

見にくいですが、そもそも見る必要がありません。目線は下ではなく前に向けて、先の路面状況を把握しながら走ります。アップライト車でも同様だと思います。

後ろ見えるの?

見にくいですが、見えないこともありません。大半のリカンベントユーザーはミラーで補っています。むしろミラーによってアップライト車と逆転してむしろ良いくらいになります。(リカンベントは頭部の位置が安定しているためミラー越しの後方視界も安定しているのです) ミラーだけでは斜め後ろに死角がありますが、必要であれば上半身を少し起こして後ろを振り返ります。

転んだら大怪我するんじゃないの?

こちらかなりの速度で転倒している動画ですが、乗車姿勢のまま車体からずり落ちて、そのまま路面を滑っている様子がわかります。私も立ちごけや登りでの低速での転倒等経験しましたが、この動画と似たような腰から落ちるような転び方でした。アップライトと比べて転倒時の怪我の程度が大きくなりやすいということはなさそうです。

止まれるの?

止まれます。アップライト車は制動時に荷重が前に極端に偏るため、乗り手が姿勢を変えることでこれを軽減させる必要があります。この荷重移動が十分にできていないと簡単にジャックナイフして転倒してしまいます。乗り慣れていると実感することもあまりないと思いますが、リカンベントと比較してアップライト車の制動には高度な技術が必要です。各人程度の違いはあっても無意識のうちに荷重移動をしているはずです。

リカンベントは重心が低いためこの荷重移動が必要ありません。(そして出来ません) 制動に関してはリカンベントの方が簡単で有利と言えます。(乗車位置が高いハイレーサーについては乗ったことがないのでわかりません)

段差越えられるの?

難しいです。ただ、走行時にそのまま越えられるような小さな段差であればアップライト車の抜重と似たような動作で衝撃を軽減することができます。手足の力を抜き、上体をやや起こして尻だけでシート上でバランスを取ることで、アップライト車でサドルから腰を上げるのに似た効果が得られます。

小回り効くの?

車種次第ですが、殆どの車種は車道を走る軽車両として運用するのに十分な小回り性能を持っていると考えて問題ありません。私が乗っているF-FWDはハンドルの切れ角に制限があるため小回りが効かない車種ですが、車道を走る分には多少の慣れは必要でしたが問題なく運用できています。アップライト車と同等かそれ以上の小回りが出来る車種もあります。

咄嗟の危険回避できるの?

咄嗟のことですから、乗り手と運の問題です。そういう事態にならないように無理をしないことが大切です。

まとめ

リカンベントの安全性は普通だと思っています。ある面では安全で、ある面では危険ですが、それは大抵の乗り物に言えることです。大切なのはその特性を理解して対処することです。自分が普段乗っている自転車の何が危険で何に気を付けているのかを考えてみるといいです。それが出来ればリカンベントにも楽しく乗れる筈です。

2018シーズン初乗り!

今期の初乗りはF-FWDでした。昨シーズンからホイールが変わったりシフトワイヤーの取り回しが変わったりしているので、シフトフィールの確認とホイールの出来の確認、報告を兼ねて組んでもらったショップへ。

先ずシフトフィールについて、かなり良いです。引きが軽くなり精密感が増しました。これなら電動にする必要もありません。あとはこの引きの軽さがどれくらい持続するか様子見です。

ホイールについて、これも良いです。狙った通りのホイールになりました。春先の荒れた路面でもより転がるようになりました。段差の衝撃も幾分か角が取れた感触です。懸念していた横剛性の不足も今のところは感じません。もう少し山とか乗り込んで脚が出来て来ると評価も変わってくる可能性もありますが、今のところは満足です。

最後に自分自身について、一冬での衰えは相当なものでした。通常の5倍の速さで脚が消耗しました。20kmで100km分の満足感です。市街地中心の走行でしたが、勘の鈍りもかなりあって「今のはちょっとなかったなぁ…」って感じの微妙な判断で動いてしまうことも数回ありました。通勤も含めてちょっとずつ距離を伸ばして勘と脚を少しずつ取り戻していきます。

よく見聞きする車道を走る自転車に対するドライバーからの言説に対する個人的意見

邪魔だ、迷惑だ、歩道走れ。

邪魔で迷惑なのは知ってます。速度が異なるものが混ざっているのだから当然です。我慢してください。自動車にもあるように、自転車にも責任がありますから、安易に歩行者との接触リスクが増える歩道走行は選べません。また、自転車は歩くよりも速く移動するための乗り物ですから、常に徐行が義務の歩道を走行していては自転車に乗る意義がありませんからあり得ない選択です。

危ないから歩道走れ。お前のために言っている。

余計なお世話です。自身の安全のために自転車通行可の歩道を走るかどうかを選択するのは私です。あなたではありません。車道走行にリスクがあるように、歩道走行にもリスクがあります。あなたはそのリスクに対して責任を取れません。黙っていてください。歩道は歩行するため、車道は車両が走るために出来ています。道路の構造のみを考えれば自転車が走行する場所としては車道の方が安全です。車道を危険にしているのは一部の自動車です。あなた自身が自転車に対して危害を加えないように遵法運転をしてください。それ以上のことは望みません。

信号無視する癖に

信号は守るべきです。歩道でも車道でも同じことです。

信号待ちでのすり抜けうざい

知ってます。殆どの場合お互いにメリットがありませんからやめた方がいいと思います。ただ、すり抜けずに後ろについて停止するとすぐ横に並んでくる自動車がいます。これは異常に接近した状態で再発進時に接触の危険がありますから困ります。そういう場合は車列の前まですり抜けすることも考えられますが、すり抜け中に車列が動き出すと接触の危険がありますから困ります。それならいっそ最初から前に出てしまえという動機は理解できます。

自転車は自動車の走行の邪魔にならないように極端に端に寄るべきだという風潮が反対に作用して、邪魔にならないように端に寄っているからそのまま前進できるだけ前進しても構わない、というような感覚を持たれているのがすり抜けをする自転車が多い理由なのではないかと推測しています。また、自動車が自転車を追い越す際の側方間隔が狭い傾向が作用して距離感覚がおかしくなっている気もします。

信号待ち位は自転車も自動車も順番に並んで待つようにしたいものです。

都合のいい時だけ歩道走りやがって

歩道走って欲しいんならお互いに都合が良いじゃないですか。

歩道と車道を頻繁に行き来してて危ない

あれは危なっかしくて見てられません。車道から歩道、歩道から車道に出入りするときは十分に注意するべきです。観察していると大抵は路駐を避けるために歩道に入って、路駐が途切れたから車道に戻るか歩行者がいるから車道に出るかのどちらかです。殆どの場合歩道でも徐行していませんからとても危険です。

路駐を避ける自転車危ない

路駐への対処は後続車両との相対速度が高いことも多く公道で自転車に乗っていて遭遇する状況の中でもかなり難易度が高いですから、うまく対処できない自転車も多いのでしょう。次の対処が理想的だと考えています。

対処法は大まかに分けて以下の三択です。(優先度が高いものから)

A. 右側の交通に危険が生じないように進路変更をして避ける

B. 路駐の後ろで停止して、右側の交通が途切れるのを待つ

C. 歩道から避ける

Aが可能かの判断を、もし不可能だった場合にBの判断に変更できる程度に早い段階から余裕を持って行う必要があります。進路変更は合図を行ってから、もし進路変更を中止しなければならなくなっても(自動車の想定外の動きによってそうなることはそれなりの頻度であります)Bに余裕を持って移行できるように早い段階から進路を変更します。また、路駐のドアが開いて接触するリスクがありますから、十分な側方間隔を取って大きく右に進路を変更する必要があります。

この判断が遅れるとBの停止も間に合いませんから、十分な安全マージンを取れずに危険な進路変更をしてしまうのでしょう。右の進路の後続車への遠慮がより小さな動きで路駐を避けようとすることに繋がって、結果的に危険な進路変更となることも多くありそうです。常にスキルの向上に努めたいものです。

だってあいつら交通ルール守らないじゃん

車道を走るのもルールです。具体的なルール違反に対して個別に指摘をすれば足ります。

遊びで車に迷惑かけるな

どのような目的で何に乗ろうと自由です。あなたはレジャーで自動車を利用しているときに職場に向かう自転車に進路を譲りますか?自転車、自動車がどのような目的で運用されているのかは見た目ではわかりませんから、個別に判断して対応を変えることは非合理的です。

ウインカーもないくせに

自転車を想定した方向指示器の基準が存在しません。そのため、実質的に機能する製品は存在しても法的に有効な製品はありません。それでも自転車は車道を走るように決まっています。そういうものだと思ってください。自動車の基準を自転車に押し付けないでください。

フラフラしやがって

自転車はそういうものです。離れてください。

轢いたら人生が終わる

私の人生も終わります(轢いても轢かれても)。轢かないでください。あなたは轢いて相手の人生を終わらせる可能性があるものを運転しています。そのことに対する責任があるというだけのことです。

税金払ってないくせに

自動車の需要を満たす道路にするためにより多くのコストがかかっているのだから当然です。

免許もないくせに

制度がありません。それでも自転車は車道を走るように決まっています。そういうものだと思ってください。自動車の基準を自転車に押し付けないでください。あなたは自動車を運転する以上のことを運転免許によって許されてはいません。

渋滞の原因になる

自動車がいなければ渋滞しません。あなた自身も渋滞に加担しています。