タルタルーガ Type FOLDINGにシニア向け自転車のサドルを付けて尻痛軽減

走り出すとどこまでも行きたくなるほど楽しくて、本当に走り続けてしまうとお尻が痛くて帰りたくなると評判のタルタルーガ Type FOLDINGですが、サドルカバーを付けて何とか凌いでいました。しかし、それも決定打とはならず走行距離を延ばすのを難しくしていました。
そこで見付けたのがシニア向け自転車のクークル。この自転車に付いているサドル、広い座面でお尻をホールドしてくれそうな形状でとても良さそうではありませんか。元から付いている背もたれがタルタルーガのシートフレームと干渉しそうですが、きっと取り外せるだろうと根拠なく予想。ネットで簡単に買えるところを見付けたので注文。

20150706_132810098_iOS
届いたら早速開梱、気になっていた背もたれの付け根を確認。溶接されていて取り外しは出来ませんでした。

20150707_115929508_iOS (2)
20150707_121115103_iOS
そこでパイプカッターで切断しました。

そして取り付け。
20150707_130104781_iOS
見た目はそれほど違和感ありません。

ここからは乗った感想。
丸く窪んだ形状にお尻が落ちるので、スポーツカーのバケットシートを思わせる座り心地です。サドル単体でもある程度は尻をホールドするのでペダリングの効率が良く、発進時にはとてもキビキビと加速するようになりました。いつも登っている坂でのタイムも短縮出来たのでかなりの効果があるのだと思います。
尻が窪みに落ちてホールドするためにサドルの前側の縁が太腿の裏側付け根に当たるのですが、いつの間にか慣れていました。駄目な人は駄目かも知れません。
操舵にも影響があります。尻を支える横方向の面積が広いので、腰の横方向の角度の変化にバイクが反応するようになります。最初は相当の違和感がありますが乗ってるうちに慣れる範囲かと思います。
一番気になる尻痛についてですが完全解決とはいきません。ただ、相当マシです。痛みで強くペダリングが出来ず心が折れそうになっていた登りでも尻痛でタイムを落とすようなことが無くなりました。
色々対策をしてきたけどどうしても尻痛で走行距離を伸ばせずにいるような人は試してみるといいかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA