タルタルーガ Type FOLDING始めました。

腕の具合が悪く自転車の前傾姿勢が若干辛いので何とかしたいと思っていたところ、良縁があり知人からタルタルーガ Type FOLDINGを譲っていただきました。ホイールが18インチでフレーム中ほどのプーリーが旧型であることから2003年モデルと思われます。
20150502_122221972_iOS
これなら腕に体重が掛からず、強くペダリングする際にもハンドルを引く必要がないので腕に負担が掛かりません。
先々代のオーナーがハブ、スプロケ、Rディレーラー、シフターをカプレオに換装しているようです。

半月ほど通勤に使っていると、やはり変な形の自転車なので色々と問題が出てきました。まず後ろを見るのが大変。そこでバックミラーを装着しました。

あまり悩まずにこの定番品を買ったのですが、ハンドルのエンドに差し込む斜臼の径がハンドルバーの内径より若干大きくて入りません。本当に微妙だったのでカッターナイフで薄く削ったところ無事取り付けることが出来ました。
20150505_014315294_iOS (2)

ワイヤレスのサイコンを付けたのですがフロントフォークのセンサーからハンドルバーの距離が遠く動作が不安定でした。そこで

こちらをハンドルポストに装着してサイコンをフロントフォークに近付けました。ちょっと見にくい位置になりますが見えないこともないのでこれでいいことにしました。
20150516_091724509_iOS
一緒に写っているボトルケージはこれで取り付けました。

そこそこの距離を走ったり登坂が続いたりするとお尻が痛くなるのでサドルカバーを装着。
VELOのVL-053、一番大きいサイズです。これがギリギリ装着可能でした。
http://www.daiwa-cycle.co.jp/shop/g/gp-velo-sdla010/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA