言語バー空気読め配布

言語バーって空気読まないですよね。

タスクバーに入れてると作業中の視線移動が多くなるし、デスクトップに置いとくと見失ってしまいます。

テキストボックスをクリックして、『さぁ文章を入力しよう』とタイピングを始めたら、IMEのモードが意図したものじゃなくてイライラ、なんてことがありませんか?

言語バー空気読めはそんな問題を解決します。

起動するとタスクトレイに常駐して、フォーカスが移ったタイミングで言語バーをキャレットの位置に移動し、数秒経ったらウィンドウの外に退避するように言語バーを調教するソフトです。

【動作環境】

Windows XP 32bit版

Microsoft .NET FrameWork 2.0以上

※Windows7 32bit版での動作報告を頂いてます。Windows Vista 32bit版でも動くと思われます。

airwife_ver_1_06_1.zip(9.21KB)

【更新履歴】

Ver 1.06 → 1.06.1

配布アーカイブ内に含めるファイルが不足していた為に差し替え。

Ver 1.05 → 1.06

ウィンドウの監視をグローバルフックからポーリングに変更。

メインウィンドウで現在のフォーカスウィンドウをコピペ出来るように修正。

Ver 1.04 → 1.05

アクティブウィンドウ内のドロップダウンメニューが言語バーで隠れてしまうことがあるため、

言語バーがウィンドウの外側に移動する際の位置を下側右端から上側左端に変更。

Ver 1.03 → 1.04

フォーカスがあるウィンドウクラス名が正しく表示されない不具合を修正。

Ver 1.03

完成

“誰か64bit版に対応したバージョン作って公開してくれないかなぁ…。FocusWindowHook.dllをビルドし直すだけでいいと思うんだけどなー”
そんな期待を込めてソースコードも公開します。

グローバルフックを廃止してポーリングするようにしました。これで64bit版Windowsでも動くような気がします。動作報告を頂けると嬉しいです。

ソースコード(Visual C# 2008 Express Edition、Visual C++ 2008 Express Edition)

airwife_src_ver_1_06.zip(18.0KB)

4 thoughts on “言語バー空気読め配布

  1. お世話になります。
    日経BP社 日経PC21編集の加納と申します。

    このたび、「日経PC21」12月号(10月24発売)の
    特集3「使い分けで超便利!日本語入力」で、
    「言語バー空気読め」を掲載させていただきたく、ご連絡いたしました。

    お手数ですが、10月4日までにご検討・お返事いただければと思います。
    掲載させていただいた場合は、掲載誌を送付させていただきます。
    よろしくお願いいたします。

  2. > Kano さん
    コメントありがとうございます。「言語バー空気読め」開発者のanis774です。「言語バー空気読め」の掲載の件、喜んでお受けさせて頂きます。
    以降この件に関して何かありましたら下記メールアドレスへご連絡頂ければと思います。

    anis774_for2ch@yahoo.co.jp

  3. 「言語バー空気読め」にはお世話になっています。WinXP上で言語バーを消してしまうアプリを使うと、勝手に変なところに言語バーが復活してしまう現象に悩まされていたので、助かっています。
    私の普段使いの環境は、Windows 7 64bit版(Ultimate)ですが、問題なく動いてますよ。
    ただ、ウィンドウの外に言語バーが移動してしまうと、ウィンドウを最大化したときに言語バーがデスクトップの外に行ってしまうので、最小化ボタンの左側に移動するように改造して使ってます。ソースコードの公開をしていただいたおかげで、気持ちよく使えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。