違法コピー云々

 音声や映像の著作物が違法にネット上にアップされたり、ファイル交換ソフトでやり取りされたりするのが問題になってると聞きます。

 そうなってしまった諸悪の根源は、メディアがアナログからデジタルになったときに、

『劣化が無い』

と言った奴と、それを信じた奴らだと思います。デジタルになった時点で劣化してるから、コピーもそのオリジナルも同様に価値がありません。

 CDやDVDそのものには製品としての価値がありますが、その中身は単なるデータです。作品をデータにした時点で、そのデータが作者の意図とは関係なく再利用されてしまうのは当然のことだと思います。デジタルとはそういうものだと思います。

 著作者も利用者も、デジタル化する前によく考えて欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください