道新杯レースレポート

 昨日は道新杯でした。北海道の多くの自転車ロードレース選手がシーズンの始めに走るレースです。北長沼水郷公園の園路1周約1.5kmを周回するレースです。

 僕が走るのはその中のS-2クラスのレース。上からエリート、S-2~S-5まで実力別のクラス分けがされている中の2番目のクラスです。エリートクラスとS-2クラスは他のクラスと違い、特定周回の着順にポイントが付けられ、ポイントで勝敗を競うポイントレースです。S-2クラスは16周回です。

 しかし、僕には関係ありません。今回の目標は、周回遅れにされることなく完走することです。ポイントは取りません。取れません。勝ちに行かないレースなんてレースじゃないとは思いますが、それはどう考えても無理なのも現実です。

 僕は前方に位置を取りスタートしました。集団はまもなくいくつかに別れ、僕はその割と後ろの方の集団に付きました。4名前後のそんなに速くない集団です。これなら何とか最後まで走れそうです。

 この集団はあまり技術の高くない集団でペースが安定しません。数人がバラけたと思ったら、またまとまります。いつも同じメンバーがバラけたりまとまったりしています。

「あまり長引きしないようにしましょう」

「一定ペースでいきましょう」

等声をかけ、少しでも皆で楽に走れるようにしました。それでもどうしても安定しなかったので、最後の数周回は一人で行くことにしました。とても風が強い日のレースだったので、追い風区間で僕が前に出たときに少し強く踏んで集団から離れました。

 それからは自分のペースで踏みました。こっちの方が少し楽です。残り2周回のところで、先ほどの集団が後ろから追い付いてきました。一緒にゴールすることにしました。

 最後のストレート、完走確実です。踏むのをやめて集団の最後でゴールしました。後ろに他の選手の姿は見えません。ギリギリの完走です。

 ゴール直後に脚が攣りました。本当にギリギリでした。23位でした。

 選手の皆さん、強風の中お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください