C#|Bitmap処理の高速化

Bitmapをピクセル単位で加工しようとする場合には Bitmap.GetPixel()メソッドとBitmap.SetPixel()メソッドが利用出来るが、 これらの処理時間が問題になる場合には以下のクラスで高速に処理出来る。
ビットマップデータをメモリ上に展開し、メモリにポインタでアクセスして値を直接書き換えることで速度の改善を図っている。
とても速い。

 

以下の様に使用する。
以下のコードは、画像を読み込んで不透明度を半分にし、ピクチャボックスの背景に設定している。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください