いつの間にか大きな不満が解消されていたWindows8.1 Update1

いつの間にかなので本当にUpdate1で解消されたのかはわかりませんが、嬉しいことです。

onedrive_in_task_tray

通知領域にOneDriveのアイコンが復活しています。Windows8からWidows8.1になる際にOneDrive(当時はまだSkyDriveだった?)がWindowsに統合され、通知領域のアイコンも無くなってしまっていました。
以前はこのアイコンでOneDriveの同期が終了したのを確認してからシャットダウンしていたのですが、アイコンが消えて確認出来なくなったためにシャットダウンした夜は安心して眠れませんでした。
このアイコンの復活は大歓迎です。

更に嬉しいのがファイル履歴に関する不満の解消です。ファイル履歴はWindows8で追加された手軽さと効果のバランスが取れたバックアップ機能で、ライブラリに登録したフォルダの内容を外部ドライブやネットワークドライブに世代別にバックアップしてくれて、簡単な操作で復元出来る機能です。

ファイル履歴はOneDriveのディレクトリもライブラリに登録すればバックアップしてくれていたのですが、Windows8.1からはライブラリに登録されていてもOneDriveのディレクトリはバックアップされなくなりました。OneDriveには削除したファイルを復元する機能もありますが、不慮の上書きによるファイルの破損等には対処出来ません。そういった不安からOneDriveの中味もまるごとバックアップの対象に設定していたので、Windows8.1でのこの変更には絶望しました。バックアップが完全ではない不安から安心して眠れない夜が続きました。

ところが、いつの間にかOneDriveの中味もファイル履歴によってバックアップされているではありませんか。きっとUpdate1で改善されたのでしょうね。有り難いことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください