タルタルーガ Type FOLDING のシートバックにリクセンカウル

前回タルタルーガ Type FOLDINGにフロントキャリアを取り付けましたが、どうにも走行感に悪影響があったのでシートの後ろにRIXEN&KAUL(リクセン&カウル) ヘッドチューブアダプター KR801を使用してリクセンカウルのアタッチメントを付けました。
これはボルト2本で止めるようになっていますが、シートフレームには丁度いい間隔で穴が開いていません。そこで、一つはリフレクター用の穴を活かして、その上に穴を追加しました。
Facebook-20150620-111504
左上の方が追加で空けた穴です。位置はリフレクター用の穴の30ミリ上。手回しドリルに鉄工用の6.5ミリの刃を付けて開けました。
Facebook-20150620-111525
こうして開けた穴を利用してアタッチメントを取り付けるとこんな感じ。
Facebook-20150620-111606
締め付けることで角パイプ状のシートフレームが変形しないか不安なので、大きめのワッシャーを両面に入れて締めています。かなりガッチリと取り付けることが出来ました。
フロントに付けたアタッチメントもそのまま残してあるので状況に応じて前後に付けるバッグの組み合わせを変えると便利になりそうです。そこでフロントバッグ(付けてるのはリヤだけど)も新調しました。
20150620_123848343_iOS
これでやっと不満なく日常の足として使えるようになりました。最高に楽しいオモチャの乗り物に実用性も備わって最強です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA