タルタルーガTypeF修理

タルタルーガTypeFフレーム接着剥離箇所フレーム中央部を持ち上げるとガタガタと動く部分があり、どうやら写真の赤丸の部分の接着が剥離している様子。タルタルーガ マエストロのお店で相談をしたところ、再接着による修理が可能かも知れないとのことで依頼をしました。

作業完了の知らせを受けて引き取ったのですが、サスペンションの動きが格段に良くなっていました。状況によって販売店での修理になる場合と製造国の工場に送る場合があるそうなのですが、今回は販売店での修理が可能なケースで、費用も決して高いものではありませんでした。

当面はこのタルタルーガTypeFで通勤とポタリングを楽しめそうです。

NuAns NEO買いました

WIN_20160612_19_37_25_Pro

auのiPhone5C使ってましたが、MVNOにMNPしてNuAns NEOに乗り換えました。 IS12T→iPhone5Cの流れで再びWindowsPhoneに戻ってきました。

今のところ

  • フリップケースを閉じているとアラームとメールの通知が鳴らない→初期化で解決。
  • 不安定で時々再起動がかかる→気にしないで使っていると安定

な程度で今は特に問題なく快適に使えています。やっぱりWindowsPhoneは良いですね!

タルタルーガ Type FOLDINGにシニア向け自転車のサドルを付けて尻痛軽減

走り出すとどこまでも行きたくなるほど楽しくて、本当に走り続けてしまうとお尻が痛くて帰りたくなると評判のタルタルーガ Type FOLDINGですが、サドルカバーを付けて何とか凌いでいました。しかし、それも決定打とはならず走行距離を延ばすのを難しくしていました。
そこで見付けたのがシニア向け自転車のクークル。この自転車に付いているサドル、広い座面でお尻をホールドしてくれそうな形状でとても良さそうではありませんか。元から付いている背もたれがタルタルーガのシートフレームと干渉しそうですが、きっと取り外せるだろうと根拠なく予想。ネットで簡単に買えるところを見付けたので注文。

20150706_132810098_iOS
届いたら早速開梱、気になっていた背もたれの付け根を確認。溶接されていて取り外しは出来ませんでした。

20150707_115929508_iOS (2)
20150707_121115103_iOS
そこでパイプカッターで切断しました。

そして取り付け。
20150707_130104781_iOS
見た目はそれほど違和感ありません。

ここからは乗った感想。
丸く窪んだ形状にお尻が落ちるので、スポーツカーのバケットシートを思わせる座り心地です。サドル単体でもある程度は尻をホールドするのでペダリングの効率が良く、発進時にはとてもキビキビと加速するようになりました。いつも登っている坂でのタイムも短縮出来たのでかなりの効果があるのだと思います。
尻が窪みに落ちてホールドするためにサドルの前側の縁が太腿の裏側付け根に当たるのですが、いつの間にか慣れていました。駄目な人は駄目かも知れません。
操舵にも影響があります。尻を支える横方向の面積が広いので、腰の横方向の角度の変化にバイクが反応するようになります。最初は相当の違和感がありますが乗ってるうちに慣れる範囲かと思います。
一番気になる尻痛についてですが完全解決とはいきません。ただ、相当マシです。痛みで強くペダリングが出来ず心が折れそうになっていた登りでも尻痛でタイムを落とすようなことが無くなりました。
色々対策をしてきたけどどうしても尻痛で走行距離を伸ばせずにいるような人は試してみるといいかも知れません。

タルタルーガ Type FOLDINGにIPF X-TAIL スティック型テールライト

前回の記事IPF X-TAILも試したいなんて書きましたが、結局試すことになりました。一般的な自転車で使用する際の評価は他にありますので、ここではタルタルーガ Type FOLDINGへの取り付けに関して画像を載せます。

SURFACE2 - WIN_20150628_191950
シートのX型のフレーム部分に取り付け。問題なく付きます。ここがベストポジションではないかと思います。

SURFACE2 - WIN_20150628_192216
スイングアームに取り付け。バンドの長さがギリギリです。取り付けは可能なのですが問題があります。

SURFACE2 - WIN_20150628_192317
チェーンをトップに掛けるとチェーンがバンドに触れてしまいます。トップの刃数がカプレオの9Tでチェーンがスイングアームに近いのもあるかと思いますが、例え12Tとかでバンドに触れなくなっても、段差でチェーンが暴れた際にはバンドに触れてしまう懸念があります。被視認性と収まりの良さのバランスを考えると良い取り付け位置に思えるだけにちょっと残念です。
前回の記事で紹介した4id PowerWrapzでも同様に試したところ、チェーンがバンドに触れてしまっていました。

SURFACE2 - WIN_20150628_192636
この部分にも何とか付きますが、バンドが千切れないかちょっと不安です。シートチューブへの取り付けは無理そうでした。ここに付けても後ろに付けたバッグの陰に隠れてしまい役に立ちそうにありませんでした。

4id PowerWrapzよりもバンドが短く取り付け位置に制限があるのではないかと思っていましたが、結局実用になる取り付け位置はシートのX型のフレーム部分だけで、そこにはどちらの製品も問題なく取り付けできたのでバンドの長さは問題になりませんでした。より電池交換が簡単で安心感のあるしっかりした作りのIPF X-TAILを常用しようと思います。

4id PowerWrapz スティック型LEDライト

20150623_113735682_iOS
20150623_113827664_iOS

4id PowerWrapzモンベルで購入しました。よくレビューを見かける類似品なんかも検討したのですが、防水性能に難があったり、取り付けバンドの対応径がタルタルーガ Type FOLDINGに使うには現物を合わせないと不安があったりしました。そこで店頭で見かけたのがこれ、どう見てもかなりの自由度がありそうなので買ってみました。

20150623_114107164_iOS
20150623_114055809_iOS
取り付けバンドの角度がカチッカチッっとクリックしながら変わります。

20150623_114127970_iOS
これくらい曲がります。

20150623_114326357_iOS
20150623_114340623_iOS
両端の赤い部分がスイッチになっていて、左右が独立して光ります。消灯→点灯→点滅→消灯 のローテーション。同時に押さないと点滅のタイミングが左右でズレます。交互に点滅させたりとか自由度があって良いとも言えますね。

20150623_114612256_iOS
20150623_114825736_iOS
タルタルーガ Type FOLDINGの太いスイングアームにも、シートフレームの角パイプにも付きます。

20150623_115109284_iOS
20150623_115938732_iOS
20150623_120142521_iOS
電池交換はかなりやりにくいです。出先で電池切れたら憂鬱な気分になりそうでこの点はちょっと後悔。

これから実際に通勤で使っていくことになるのですが、電池交換の方法に難があること以外は明るさも程良いですし良い製品なのではないかと思います。尚、雨の日は出来るだけ乗らないことにしているので真の防水性能に関しては確認出来ない見込みです。
タルタルーガ Type FOLDINGには違う製品を使うことにしたのでこちらのライトは家族のロードバイクに付けていたのですが、付けたまま雨の中駐輪していたら内部に浸水してスイッチの動作が不安定になってしまいました。

ホント電池交換だけもっとやりやすければなー…その点だけでIPF X-TAILも試してみたいなと思っています。販売終了と記載されているので買うなら早くAmazonの在庫をゲットしないといけませんね。もしそうなったら報告します。

タルタルーガ Type FOLDING のシートバックにリクセンカウル

前回タルタルーガ Type FOLDINGにフロントキャリアを取り付けましたが、どうにも走行感に悪影響があったのでシートの後ろにRIXEN&KAUL(リクセン&カウル) ヘッドチューブアダプター KR801を使用してリクセンカウルのアタッチメントを付けました。
これはボルト2本で止めるようになっていますが、シートフレームには丁度いい間隔で穴が開いていません。そこで、一つはリフレクター用の穴を活かして、その上に穴を追加しました。
Facebook-20150620-111504
左上の方が追加で空けた穴です。位置はリフレクター用の穴の30ミリ上。手回しドリルに鉄工用の6.5ミリの刃を付けて開けました。
Facebook-20150620-111525
こうして開けた穴を利用してアタッチメントを取り付けるとこんな感じ。
Facebook-20150620-111606
締め付けることで角パイプ状のシートフレームが変形しないか不安なので、大きめのワッシャーを両面に入れて締めています。かなりガッチリと取り付けることが出来ました。
フロントに付けたアタッチメントもそのまま残してあるので状況に応じて前後に付けるバッグの組み合わせを変えると便利になりそうです。そこでフロントバッグ(付けてるのはリヤだけど)も新調しました。
20150620_123848343_iOS
これでやっと不満なく日常の足として使えるようになりました。最高に楽しいオモチャの乗り物に実用性も備わって最強です。




タルタルーガ Type FOLDINGにフロントキャリア取り付け

取り付けはこんな感じ。
20150527_155551174_iOS

20150527_155424350_iOS
このように好きなバッグをしっかりと固定できます。

ハンドリングへの影響が心配されるところですが、実用的な問題はありません。ただ、楽しさは若干スポイルされるので出来れば後ろ側に荷物を積みたいものです。

ビンディングペダルも付けました。
20150530_120552143_iOS六角形のペダルはタルタルーガにピッタリです。
メッシュのシートだけでは踏力が逃げてしまいますが、ビンディングペダルにすることでメッシュのシートにかかる力は踏み脚と引き足の差分のみになるので効率が上がります。また、変速のショックで足がずり落ちる心配もいらなくなるのが嬉しいですね。

このペダルはリリース角度を15度と20度から選べますが、乗車ポジション的に足を捻りにくいのと、もがいて誤って外れてしまうような心配がないことから15度の方が使い勝手が良いようです。

タルタルーガ Type FOLDING始めました。

腕の具合が悪く自転車の前傾姿勢が若干辛いので何とかしたいと思っていたところ、良縁があり知人からタルタルーガ Type FOLDINGを譲っていただきました。ホイールが18インチでフレーム中ほどのプーリーが旧型であることから2003年モデルと思われます。
20150502_122221972_iOS
これなら腕に体重が掛からず、強くペダリングする際にもハンドルを引く必要がないので腕に負担が掛かりません。
先々代のオーナーがハブ、スプロケ、Rディレーラー、シフターをカプレオに換装しているようです。

半月ほど通勤に使っていると、やはり変な形の自転車なので色々と問題が出てきました。まず後ろを見るのが大変。そこでバックミラーを装着しました。

あまり悩まずにこの定番品を買ったのですが、ハンドルのエンドに差し込む斜臼の径がハンドルバーの内径より若干大きくて入りません。本当に微妙だったのでカッターナイフで薄く削ったところ無事取り付けることが出来ました。
20150505_014315294_iOS (2)

ワイヤレスのサイコンを付けたのですがフロントフォークのセンサーからハンドルバーの距離が遠く動作が不安定でした。そこで

こちらをハンドルポストに装着してサイコンをフロントフォークに近付けました。ちょっと見にくい位置になりますが見えないこともないのでこれでいいことにしました。
20150516_091724509_iOS
一緒に写っているボトルケージはこれで取り付けました。

そこそこの距離を走ったり登坂が続いたりするとお尻が痛くなるのでサドルカバーを装着。
VELOのVL-053、一番大きいサイズです。これがギリギリ装着可能でした。
http://www.daiwa-cycle.co.jp/shop/g/gp-velo-sdla010/

Visual Studio Community 2013始めました。

Visual Studio Community 2013が出ましたね。Expressでは使えなかった拡張が使えるようになりました。これのためにProの購入を考えては踏み止まって、ということを繰り返していたところなのでやっと来たかという感じ。

真っ先に入れたのがVsVim。お仕事ではPHPStorm + ideavimなので、この環境に慣れ切った指で素のVSでC#を書くのはちょっと腰が重かったのです。

Ctrl+n、Ctrl+pを上下に割り当てて、インテリセンスの選択もカーソルを使わないようにしているのですが、Ctrlを押しているとインテリセンスが半透明になってしまうのが邪魔になっていて回避策を模索中。この機能が付いた当時はとても嬉しかったんですけどね。

あとはPython Tools for Visual Studio。まだしっかりとは試せていないのですが、ClipboardExtenderの拡張スクリプト(IronPython)を書くのが捗りそうです。

MSさん超GJです。

IC乗車券2枚持ちが幸せになるアイテム買った

iclever

こんな風に[IC乗車券1][I CLEVER][I CLEVER][IC乗車券2]の順番に重ねてパスケースに入れます。改札を通るときは使いたいカードがある面を自動改札機にかざします。

KITACAとSAPICAで使ってますが今のところ問題なし。パスケースの向きだけで使い分けられるので改札の前で立ち止まることも少なくなりました。