アウターとバッシュガードの間にチェーンが落ちる対策

前輪駆動リカンベントのF-FWDにバッシュガードを取り付けたところ、アウターとバッシュガードの間にチェーンが落ちるようになってしまいました。アウターとバッシュガードとの間は4.5mmか5mm程度(ノギスが無いので適当)のスペーサーで間隔が空けられていますが、この間隔が8速か9速辺りのチェーンに合わせてあるのが原因と推察。もう少し薄いスペーサーを注文しました。

届いて実走してみたらまた記事書きます。届いたので交換したところ解決しましたダメでした。

続きはこちら

Performer F-FWD 2017前期仕様

2017前期仕様なんて言っちゃってますが、つまりは2016年冬のボーナスを突っ込んだということです。変更箇所と感想、残る問題点とかを書いていきます。

バッシュガード

http://www.driveline.com.tw/_en/product_detail.php?id=81

事故時のチェーリングの歯による傷害を軽減する目的で装着しました。見た目はあまり変わりませんね。アウターリングの外側にスペーサーを介して取り付けるのですが、9速チェーン向けだからなのかアウターリングとバッシュガードの間に10速チェーンが噛んでしまうことがあります。薄いスペーサーの代わりになるものを探して対策したいところです。

ALFINE油圧ディスクブレーキ

http://cycle.shimano.co.jp/content/sic-bike/ja/home/components1/pavement/alfine/br-s700-l.html

http://cycle.shimano.co.jp/content/sic-bike/ja/home/components1/pavement/alfine/bl-s700-l.html

http://cycle.shimano.co.jp/content/sic-bike/ja/home/components1/mountain/saint/sm-rt86.html

機械式ディスクブレーキのBB5が付いていましたが、リアブレーキのワイヤーがフルアウターで長く、引きの重さが気になっていました。コントロール性があまり良くなくリアをロックさせてヒヤッとすることもありました。

アイステック対応、オンロード向け、フラットバー用のレバー、ポストマウントを条件に選定したところこのモデルとなりました。引きが軽くコントローラブルで大満足です。

大音量電子ホーン

https://www.thehornit.com/the-hornit-db140/the-hornit-db140.html

出来るだけ使わなくていいように走りたいものですが、もしもの時のために自動車に対して有効な音量のホーンは備えておきたいです。ブームの先端に取り付けたいところですが、付属しているスイッチのワイヤーだと長さが足りません。長いワイヤーのスイッチがオプションで用意されていて、amazonで取り扱いがあったのでそちらで購入しました。

効果のほどは…まだ必要に迫られて鳴らしたことがないのでわかりません。

ミラー

http://bscycle.co.jp/products/option/other/BM-MT/index.html

右に取り付けていたものを左にも追加しました。左折時や合流時の確認がしやすくなりました。

サイコンマウント

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00C0NZ47E/

ハンドルが狭く、左右にミラーを取り付けるとサイコンの居場所がなくなります。そこでこのマウントを見付けて装着しました。固定力に不安を感じていましたが、サイコン程度であれば問題ないようです。見た目よりはずっとしっかり固定されます。

テールライト

http://hamamotocycle.cart.fc2.com/ca13/161/

フラッグポールに取り付ければゆらゆらと揺れて目立てるのでは…という期待から追加のテールライトです。自分ではよくわかりませんが、目立てていることを期待してます。

http://amzn.to/2nBgBOg

タルタルーガTypeF用に購入して気に入っていたので、F-FWD用にも短いバージョンを購入しました。シートステーに装着しています。感想は後続車のドライバーに聞きたいものですが…自分で確認した範囲では必要十分には目立てていそうです。

ハイドレーションチューブホルダー

http://amzn.to/2oj7jUd

シートバッグに取り付けています。手探りで使うことを意図した製品ではないからなのかイマイチ付け外ししにくいです。慣れれば問題ないかものなので、しばらくはこれで様子を見ます。

2017後期へ向けて

つまりは2017年夏のボーナスで何やるかってことです。段差でチェーンが暴れて外れてしまうことがあるので対策を取りたいです。

フロントディレーラーのガイドプレートとチェーンの位置関係が通常の自転車とは異なるので、これをカバーするためにフロントのシフターをフリクションレバーにしてみるのも良いかと考えています。

そもそもチェーンが暴れるのが良くないので、リアディレーラーをチェーンスタビライザー付きのものに交換することも考えています。シマノのシャドーRD+とスラムのType2で迷うところです。F-FWDは駆動輪の取り外しがやりにくいのでスラムのケージロック機能はちょっと魅力的です。

Performer F-FWD セーフティフラッグの取り付けとか

セールティフラッグの取り付け

wp_20161003_00_38_03_proresizedwp_20161003_00_38_50_proresizedwp_20161003_01_22_23_proresized

セーフティフラッグの取り付け方法には悩みました。リアエンドにクイックで共締め出来れば楽なのですが、リアエンドの形状的に無理でした。そこで、シートを固定しているクイックと共締めしました。シート固定金具にはシートピンが滑らないように段差が付けられているのですが、ここにフラッグポールの台座を挟んでしまうとシートピンが段差にかからなくなって外れやすくなってしまいます。そこで段差に収まるサイズのワッシャーも一緒に挟んで締めています。この一か所だけでは十分な固定力がありませんので、シートと純正シートバッグの間を通しています。

 

ライトの取り付け

wp_20161003_00_44_47_proresized

ミノウラのアクセサリーホルダーに固定しています。今のところ振動でブレるとか折れるといったような不安要素はありません。スペーサー等入れることなくフロントディレーラー取り付け用パイプにピッタリと付きました。そのまま締め付けても塗装に目立った傷等は付きませんでしたが、気になる人は気になるかも知れません。

 

ミラーとか

wp_20161003_00_42_19_proresiszed

左はゼファールのスパイミラー。あんまり役に立ってません。右はブリヂストンのミラーです。最初はB&Mのサイクルスター80 903を付けていたのですが、樹脂製の取り付けバンドが柔らかいからなのか振動で像がブレてしまうのが不満でした。こちらのブリヂストンのミラーはブレもなくとても快適です。

 

水が飲めない

wp_20161003_00_46_50_proresized

シート下にボトルケージ用のダボがあるのですが、この位置のボトルを走行中に抜ける気がしません。というか無理でした。これでは肩が外れてしまいます。何でこの位置なんですかPerformerさん。ハンドル周りに重いボトルを付けるのも嫌なので、キャメルバックのボトルチューブを付けて走行中も飲めるようにしました。飲まないときは飲み口を反対側のポケットに入れておくか脇に挟んでいます。飲まない時の飲み口の収まりどころはもう少し改善したいところです。

 

 

とりあえずこんな感じで問題なく乗れています。

前輪駆動折り畳みリカンベント Performer F-FWD購入

Performer F-FWD

休日のロングライド用に速いバイクが欲しくなり買っちゃいました。自動車を持っていないのでイベント参加等のために輪行で移動できること、タルタルーガTypeFでは難しいような長距離を走れること、ロードバイクと同等の走行性能を持っていることを条件に選定しました。通勤、買い物用に乗りやすいタルタルーガTypeFがあるので、こちらに関しては乗りやすさや実用性は一切考慮しないこととしました。そこで見付けたのが前輪駆動の折り畳みという強烈な個性を放つF-FWDだったのでした。

 

先週に納車して今日まで300kmほど乗りましたので、ここまでの印象を述べます。

操舵性

駆動輪が前輪にありチェーンを捩るようにしてハンドルが切れるので操舵角が小さいです。大通りの左折には影響ありませんが、路地でのUターンや二段階右折の際の方向転換では切り返しが必要になることがあります。いっそバイクを持ち上げて方向を変えた方が早いことも多いです。

また、リヤ(前にありますが)の変速をトップ寄りにしてペダルを踏むとハンドルが右に切れるように力がかかります。この現象はフロントをインナーにしているとより顕著になります。ただ、ハンドルを軽く持っていれば抑え込める程度ですので”癖がある”と感じる程度でこれが問題になることはありません。

乗り心地

小径ホイールでフレームが固く、サスペンションもなく、シートに体を預けるので抜重しにくいため荒れた路面での乗り心地は悪いです。振動で背中が痺れるほどです。きれいな路面ではかっちりした乗り心地です。

走行性

踏み出しは軽く、ゴツゴツとした質感の硬いフレーム、フォークがしっかりと路面に駆動力を伝えて加速します。ダンシングで一気にトップスピードに持っていけるロードバイク等には敵いませんが、かなり気持ちの良い加速を味わえます。

平坦では単独なのに列車を組んで引いて貰っているかのような低負荷と速度で巡航出来ます。向かい風の影響をあまり受けません。小径ホイールのハンデもあるのでしょうが、空気抵抗の少なさがそれを上回っています。

登りはフレームの剛性の高さからか実際の車重以上の軽さを感じます。リカンベントですから速くはありませんが、重いとか進まないとか言ったようなネガティブな感覚はありません。身体にリミッターがかかっているような感覚でペースを上げられないのですが、登坂効率そのものはとても高いです。ロードバイクで同じペースで登るのに比べて疲れません。

 

全体の印象としては前輪駆動の洗練されていない荒々しい質感に硬い乗り心地、タイトなポジション、操舵角の小ささによる不便さが相まって”レーシーでメカメカしい乗り物を操縦している”という非日常的な気分に浸れます。これは楽しいですよ。

タルタルーガTypeF修理

タルタルーガTypeFフレーム接着剥離箇所フレーム中央部を持ち上げるとガタガタと動く部分があり、どうやら写真の赤丸の部分の接着が剥離している様子。タルタルーガ マエストロのお店で相談をしたところ、再接着による修理が可能かも知れないとのことで依頼をしました。

作業完了の知らせを受けて引き取ったのですが、サスペンションの動きが格段に良くなっていました。状況によって販売店での修理になる場合と製造国の工場に送る場合があるそうなのですが、今回は販売店での修理が可能なケースで、費用も決して高いものではありませんでした。

当面はこのタルタルーガTypeFで通勤とポタリングを楽しめそうです。

タルタルーガ Type FOLDINGにシニア向け自転車のサドルを付けて尻痛軽減

走り出すとどこまでも行きたくなるほど楽しくて、本当に走り続けてしまうとお尻が痛くて帰りたくなると評判のタルタルーガ Type FOLDINGですが、サドルカバーを付けて何とか凌いでいました。しかし、それも決定打とはならず走行距離を延ばすのを難しくしていました。
そこで見付けたのがシニア向け自転車のクークル。この自転車に付いているサドル、広い座面でお尻をホールドしてくれそうな形状でとても良さそうではありませんか。元から付いている背もたれがタルタルーガのシートフレームと干渉しそうですが、きっと取り外せるだろうと根拠なく予想。ネットで簡単に買えるところを見付けたので注文。

20150706_132810098_iOS
届いたら早速開梱、気になっていた背もたれの付け根を確認。溶接されていて取り外しは出来ませんでした。

20150707_115929508_iOS (2)
20150707_121115103_iOS
そこでパイプカッターで切断しました。

そして取り付け。
20150707_130104781_iOS
見た目はそれほど違和感ありません。

ここからは乗った感想。
丸く窪んだ形状にお尻が落ちるので、スポーツカーのバケットシートを思わせる座り心地です。サドル単体でもある程度は尻をホールドするのでペダリングの効率が良く、発進時にはとてもキビキビと加速するようになりました。いつも登っている坂でのタイムも短縮出来たのでかなりの効果があるのだと思います。
尻が窪みに落ちてホールドするためにサドルの前側の縁が太腿の裏側付け根に当たるのですが、いつの間にか慣れていました。駄目な人は駄目かも知れません。
操舵にも影響があります。尻を支える横方向の面積が広いので、腰の横方向の角度の変化にバイクが反応するようになります。最初は相当の違和感がありますが乗ってるうちに慣れる範囲かと思います。
一番気になる尻痛についてですが完全解決とはいきません。ただ、相当マシです。痛みで強くペダリングが出来ず心が折れそうになっていた登りでも尻痛でタイムを落とすようなことが無くなりました。
色々対策をしてきたけどどうしても尻痛で走行距離を伸ばせずにいるような人は試してみるといいかも知れません。

タルタルーガ Type FOLDINGにIPF X-TAIL スティック型テールライト

前回の記事IPF X-TAILも試したいなんて書きましたが、結局試すことになりました。一般的な自転車で使用する際の評価は他にありますので、ここではタルタルーガ Type FOLDINGへの取り付けに関して画像を載せます。

SURFACE2 - WIN_20150628_191950
シートのX型のフレーム部分に取り付け。問題なく付きます。ここがベストポジションではないかと思います。

SURFACE2 - WIN_20150628_192216
スイングアームに取り付け。バンドの長さがギリギリです。取り付けは可能なのですが問題があります。

SURFACE2 - WIN_20150628_192317
チェーンをトップに掛けるとチェーンがバンドに触れてしまいます。トップの刃数がカプレオの9Tでチェーンがスイングアームに近いのもあるかと思いますが、例え12Tとかでバンドに触れなくなっても、段差でチェーンが暴れた際にはバンドに触れてしまう懸念があります。被視認性と収まりの良さのバランスを考えると良い取り付け位置に思えるだけにちょっと残念です。
前回の記事で紹介した4id PowerWrapzでも同様に試したところ、チェーンがバンドに触れてしまっていました。

SURFACE2 - WIN_20150628_192636
この部分にも何とか付きますが、バンドが千切れないかちょっと不安です。シートチューブへの取り付けは無理そうでした。ここに付けても後ろに付けたバッグの陰に隠れてしまい役に立ちそうにありませんでした。

4id PowerWrapzよりもバンドが短く取り付け位置に制限があるのではないかと思っていましたが、結局実用になる取り付け位置はシートのX型のフレーム部分だけで、そこにはどちらの製品も問題なく取り付けできたのでバンドの長さは問題になりませんでした。より電池交換が簡単で安心感のあるしっかりした作りのIPF X-TAILを常用しようと思います。

4id PowerWrapz スティック型LEDライト

20150623_113735682_iOS
20150623_113827664_iOS

4id PowerWrapzモンベルで購入しました。よくレビューを見かける類似品なんかも検討したのですが、防水性能に難があったり、取り付けバンドの対応径がタルタルーガ Type FOLDINGに使うには現物を合わせないと不安があったりしました。そこで店頭で見かけたのがこれ、どう見てもかなりの自由度がありそうなので買ってみました。

20150623_114107164_iOS
20150623_114055809_iOS
取り付けバンドの角度がカチッカチッっとクリックしながら変わります。

20150623_114127970_iOS
これくらい曲がります。

20150623_114326357_iOS
20150623_114340623_iOS
両端の赤い部分がスイッチになっていて、左右が独立して光ります。消灯→点灯→点滅→消灯 のローテーション。同時に押さないと点滅のタイミングが左右でズレます。交互に点滅させたりとか自由度があって良いとも言えますね。

20150623_114612256_iOS
20150623_114825736_iOS
タルタルーガ Type FOLDINGの太いスイングアームにも、シートフレームの角パイプにも付きます。

20150623_115109284_iOS
20150623_115938732_iOS
20150623_120142521_iOS
電池交換はかなりやりにくいです。出先で電池切れたら憂鬱な気分になりそうでこの点はちょっと後悔。

これから実際に通勤で使っていくことになるのですが、電池交換の方法に難があること以外は明るさも程良いですし良い製品なのではないかと思います。尚、雨の日は出来るだけ乗らないことにしているので真の防水性能に関しては確認出来ない見込みです。
タルタルーガ Type FOLDINGには違う製品を使うことにしたのでこちらのライトは家族のロードバイクに付けていたのですが、付けたまま雨の中駐輪していたら内部に浸水してスイッチの動作が不安定になってしまいました。

ホント電池交換だけもっとやりやすければなー…その点だけでIPF X-TAILも試してみたいなと思っています。販売終了と記載されているので買うなら早くAmazonの在庫をゲットしないといけませんね。もしそうなったら報告します。

タルタルーガ Type FOLDING のシートバックにリクセンカウル

前回タルタルーガ Type FOLDINGにフロントキャリアを取り付けましたが、どうにも走行感に悪影響があったのでシートの後ろにRIXEN&KAUL(リクセン&カウル) ヘッドチューブアダプター KR801を使用してリクセンカウルのアタッチメントを付けました。
これはボルト2本で止めるようになっていますが、シートフレームには丁度いい間隔で穴が開いていません。そこで、一つはリフレクター用の穴を活かして、その上に穴を追加しました。
Facebook-20150620-111504
左上の方が追加で空けた穴です。位置はリフレクター用の穴の30ミリ上。手回しドリルに鉄工用の6.5ミリの刃を付けて開けました。
Facebook-20150620-111525
こうして開けた穴を利用してアタッチメントを取り付けるとこんな感じ。
Facebook-20150620-111606
締め付けることで角パイプ状のシートフレームが変形しないか不安なので、大きめのワッシャーを両面に入れて締めています。かなりガッチリと取り付けることが出来ました。
フロントに付けたアタッチメントもそのまま残してあるので状況に応じて前後に付けるバッグの組み合わせを変えると便利になりそうです。そこでフロントバッグ(付けてるのはリヤだけど)も新調しました。
20150620_123848343_iOS
これでやっと不満なく日常の足として使えるようになりました。最高に楽しいオモチャの乗り物に実用性も備わって最強です。




タルタルーガ Type FOLDINGにフロントキャリア取り付け

取り付けはこんな感じ。
20150527_155551174_iOS

20150527_155424350_iOS
このように好きなバッグをしっかりと固定できます。

ハンドリングへの影響が心配されるところですが、実用的な問題はありません。ただ、楽しさは若干スポイルされるので出来れば後ろ側に荷物を積みたいものです。

ビンディングペダルも付けました。
20150530_120552143_iOS六角形のペダルはタルタルーガにピッタリです。
メッシュのシートだけでは踏力が逃げてしまいますが、ビンディングペダルにすることでメッシュのシートにかかる力は踏み脚と引き足の差分のみになるので効率が上がります。また、変速のショックで足がずり落ちる心配もいらなくなるのが嬉しいですね。

このペダルはリリース角度を15度と20度から選べますが、乗車ポジション的に足を捻りにくいのと、もがいて誤って外れてしまうような心配がないことから15度の方が使い勝手が良いようです。