BRM1015薄野200km


以前からちょっとだけ興味があったブルベにリカンベントのF-FWDで参加しました。

準備

ブルベが普段のサイクリングと違う点は以下であると考えました。

  • 指定したコースを走る
  • 指定した時間内に走る

指定したコースを走るために

公開されているルートラボのデータを見ながらLezyne Super GPSのナビデータを作成しました。

ルートラボからエクスポートしたデータをインポートしても曲がり角の案内等がされない簡易的なナビゲーションになるので、ルートラボ上のルートを目視しながらSuper GPS使用者用のWebアプリのルート編集画面に走行ルートを写経して、曲がり角の案内をしてれるナビデータを作成しました。ルートの作成はスタート地点、ゴール地点、複数の経由地点を指定して作成するのですが、指定できる経由地点の数に制限があり全行程のナビデータを作成できませんでした。そこでPCを区切りに複数のナビデータを作成し、PC毎にナビデータを切り替える運用としました。結果的にPCを通り過ぎてしまう不安を取り除くことができました。

作成したナビデータには地点を指定してメッセージを登録することができます。そこで、キューシートに記載されている注意点や、朝里峠のトンネルが連続している区間でライトのOnOFFを行う予定地点でメッセージを表示させました。トンネルに入るたび出るたびにライトを操作していては時間を浪費しますし、ずっと点灯したままでは後半の夜間走行に支障が出る可能性があります。これらの問題を解決するためにとても役立ちました。

走行するルートの公式データはルートラボではなくキューシートですから、作成したナビデータとキューシートを突き合わせて入念に確認を行いました。また、キューシートをOneNoteに取り込んで、どこまで進んだかわかるように各行にチェックを入れられるようにしました。これをハンドルに付けたスマホから確認してルートを進むごとにチェックを入れていく計画でした。しかし、GPSのナビで十分だったこと、曲がるたびに停まって行うスマホの操作は煩雑だったため実際には殆ど使いませんでした。キューシートはオリジナルのままのPDFをスマホにダウンロードして置くだけで十分でした。

結局は殆ど使わなかった。

指定した時間内に走るために

速く登坂するのが苦手なリカンベントですから(リカンベントは登りが苦手と言われますが、速く走ろうとさえしなければ楽に登れるのです)、朝里峠を越えた後のPC1を越えられるかどうかが第一目標となります。ただ、リカンベントはエネルギー効率が高く疲れにくいかわりにロードバイク等のアップライトな自転車の様に疲れた状態でダンシング等で誤魔化しながらペースを維持するのは苦手です。朝里峠で脚を使い果たしてしまってはその後の完走も危うくなりますから、朝里峠を最大限脚の消耗を抑えたギリギリの遅いペースで越え、その後は足切りの不安を感じずかつ速過ぎないペースで淡々と走る計画としました。

PC1での足切りのプレッシャーから朝里峠の登りで脚を使い過ぎてはいけません。例え他の参加者からごぼう抜きにされようとも自信を持って遅く走る必要があります。そこで、ソフトウェア開発の進捗管理で使われることが多いバーンアップチャートで走行ペースを管理することにしました。

横軸が走行時間で縦軸が走行距離です。赤色の足切り線がこれより遅いと足切りになるライン、緑色の最速線がこれ以上走ってもPCオープン時間より速くなって意味がないライン、灰色の計画線が今回の走行のために計画したペースに沿ったラインです。要所々々で現在時刻とサイコンに表示されている走行距離を入力するとオレンジの実績線が右上に伸びていき、計画線や足切り線との値や傾きの差を直感的に把握しながら走ることが出来ます。これをスマホで更新しながら走ったのが大成功で、終始フィジカル面、メンタル面共に余裕を持って走ることが出来ました。

実走

ペースノートとStravaでもう書くことないと思ってしまうところですが…計画線と実績線がズレていることの言い訳を綴っていきます。

48.75km地点は朝里峠の頂上付近です。計画よりも速く登っていますが、これは単純に当初の見積りが遅かっただけです。実際のペースでも脚を消耗することはありませんでした。

76.15㎞地点はPC1です。ここで計画より大きく遅れています。実は序盤でリカンベントの安全な走行に寄与する大切なおまじないであるセーフティフラッグが脱落してしまいました。脱落に気付かずに走っていたところ後続の方に拾って戴いて、更にはフラッグを仮固定するためのテープまで頂きました。通過PCで確認したところ、このままゴールまで行けそうに思える程にしっかり固定できていました。それでもやはり不安なので、PC1で瞬間接着剤を使って確実に固定するため20分程度余分に滞在していました。その後に強風の区間を走ることになったので結果的には再度のフラッグの脱落を防ぐ良い判断になりました。また、朝里峠の下りの寒さから途中で温かい飲み物を買って長めに休憩を取っていたのもあります。ただ、足切り線に対しては十分に余裕があることがわかりますから、以降も遅れを取り戻すためにペースを上げるようなことはしませんでした。

162.9㎞はPC3です。ここから計画線よりも遅いペースになっています。これは夜間走行となり、街灯がない区間が想定より多かったためにペースを落としたものです。ただ、これだけ終盤まで来たらサイコンに表示されるグロスの平均速度が15㎞/hを下回らなければ完走ペースですから、以降はペースノートを気にすることなくサイコンの情報のみで淡々と距離をこなしました。

感想というか反省というか

  • フラッグの脱落は想定外。以前にも脱落したことがあったので想定しておくべきでした。
  • 朝里峠の下りが寒かった。リカンベントは足先で風を切りますから、足先の保温対策をして置くべきでした。足先の冷えから右足首の動きが硬くなってしまい、これが影響して翌日に軽い膝の痛みを残すことになりました。指無しのグローブで走りましたが、冬用の指付きが望ましかったです。
  • 朝里峠の下りは難易度が高かった。悪名高い縦溝付きのカーブは知っているコースであっても緊張しました。縦溝が始まる前に減速を済ませておかないと間に合わずにアウトに膨らんでしまいます。十分に減速出来ても縦溝にタイヤが取られて車体が不安定になりますから、気を付けた上でさらに気を付けて集中して走る必要がありました。
  • PC1~PC2の風が強かった。他の参加者は向かい風と言っていたような気がしますが、リカンベントだからなのか向かい風とは認識していませんでした。ただただ強い横風で車体が煽られるのに耐えながら走っていました。このような状況ではセーフティフラッグが風を受けるので、セーフティフラッグを抜いてどこかに収納して走ることが出来るようにしておけば良かったです。
  • 街灯がない区間の夜間走行でペースが落ちた。新篠津から江別までの街灯がない区間はHL-EL540を後の河川敷でハイモードが必要になるのに備えてローモードで点けていました。江別に入ってしまえば乾電池の調達も楽だったでしょうから、ケチらずにハイモードを使っていればマシだったかも知れません。ハイモードで走った河川敷も似たようなペースだったのでどちらにしろより明るさとランタイムに優れたライトがあればベターでした。また、照射範囲には限りがありますから道路の境界等が認識しやすいように、他でも言われているようにヘルメットにマウントするライトはあった方が良かったと思いました。
  • シフトが重い。ワイヤーの取り回しがイケてないのです。後半疲れて来るとシフトレバーでワイヤーを引く操作が辛かったです。ワイヤーを引き直すか電動にするか…何とかしたいところです。
  • 目が疲れる。眼鏡で走行風を受けるので目への負担を感じました。普段のサイクリングでは我慢すれば済む程度ですが、これだけの距離になると蓄積した疲労が無視出来ませんでした。度入りのアイウェアが欲しいです。
  • もっとアップダウンのあるブルベだったら…完走は厳しかったと思います。
  • こんな感じで300㎞だったら…ギリギリ完走できるかどうか…というところです。
  • もっとド平坦で300㎞だったら…完全にリカンベントのフィールドです。私のような貧脚でもなんとかなりそうに思います。
  • 400㎞だったら…私には無理です。足切り or DNF or 過労運転でアウト でしょう。貧脚の遊びの域を超えています。
  • 満足しました。初めてのブルベはとても楽しかったです。自分自身のスキルの制限、主催者から設けられた制限の中で複数の要素のトレードオフを選択しながら走るのはゲームをプレイしているような感覚で、サイクリングとして考えるととても新鮮で楽しいものでした。というか、これって自転車を使ったゲームですね。もう満足したので今後のブルベへの参加は今のところは考えていません。今のところは…です、楽しかったので。ただ、満足したのです。
  • サイクリストとしての自分を知ることが出来ました。ロードレースから身を引き、身体故障でリカンベントに乗り換え、その上で緩くサイクリングを楽しんでいる自分が、総合的なサイクリストとしてのスキルを高い次元で求められているブルベの世界ではどの程度のものなのかを肌感覚で知ることが出来ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA