Performer F-FWD セーフティフラッグの取り付けとか

セールティフラッグの取り付け

wp_20161003_00_38_03_proresizedwp_20161003_00_38_50_proresizedwp_20161003_01_22_23_proresized

セーフティフラッグの取り付け方法には悩みました。リアエンドにクイックで共締め出来れば楽なのですが、リアエンドの形状的に無理でした。そこで、シートを固定しているクイックと共締めしました。シート固定金具にはシートピンが滑らないように段差が付けられているのですが、ここにフラッグポールの台座を挟んでしまうとシートピンが段差にかからなくなって外れやすくなってしまいます。そこで段差に収まるサイズのワッシャーも一緒に挟んで締めています。この一か所だけでは十分な固定力がありませんので、シートと純正シートバッグの間を通しています。

 

ライトの取り付け

wp_20161003_00_44_47_proresized

ミノウラのアクセサリーホルダーに固定しています。今のところ振動でブレるとか折れるといったような不安要素はありません。スペーサー等入れることなくフロントディレーラー取り付け用パイプにピッタリと付きました。そのまま締め付けても塗装に目立った傷等は付きませんでしたが、気になる人は気になるかも知れません。

 

ミラーとか

wp_20161003_00_42_19_proresiszed

左はゼファールのスパイミラー。あんまり役に立ってません。右はブリヂストンのミラーです。最初はB&Mのサイクルスター80 903を付けていたのですが、樹脂製の取り付けバンドが柔らかいからなのか振動で像がブレてしまうのが不満でした。こちらのブリヂストンのミラーはブレもなくとても快適です。

 

水が飲めない

wp_20161003_00_46_50_proresized

シート下にボトルケージ用のダボがあるのですが、この位置のボトルを走行中に抜ける気がしません。というか無理でした。これでは肩が外れてしまいます。何でこの位置なんですかPerformerさん。ハンドル周りに重いボトルを付けるのも嫌なので、キャメルバックのボトルチューブを付けて走行中も飲めるようにしました。飲まないときは飲み口を反対側のポケットに入れておくか脇に挟んでいます。飲まない時の飲み口の収まりどころはもう少し改善したいところです。

 

 

とりあえずこんな感じで問題なく乗れています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA